*

弾道解析GC2 とヘッド解析カメラHMTでできること

雑誌でもおなじみ弾道解析GC2ですが、 そのオプションカメラとして昨年登場したHMTの評価がかなり高いです。 弾道解析GC2 と ヘッド解析HMT[/caption]  

続きを見る

グリップマスター取扱店紹介「ゴエモンゴルフ」さん

2014/03/14 | 導入事例

山口県のゴエモンゴルフさん ご紹介! 本革グリップ「グリップマスター(The GripMaster)」が、取扱ショップさんで大好評! というわけで、不定期コーナー、「グリップマスター」取扱

続きを見る

珍事?! バックスピン量よりサイドスピン量が多かった話

2014/03/11 | 製品紹介, ゴルフTips

バックスピンよりサイドスピンが多い弾道とは? 先日、グリップマスターを取り扱っていただいているACTEK GOLFの遠藤さんが、Facebook上に面白い写真をあげられていました。

続きを見る

オンプレーンを身体で体感! 練習器具「プレーンスイング」

2014/03/07 | 製品紹介

「プレーンスイング」でスイングを体感する! ゴルフの腕がなかなか上達しない。 自己流の練習で、良くない「クセ」が治らない。 そんなときに試してみてほしいのが「プレーンスイング

続きを見る

ヘッド軌道計測システム「HMT」で、スイングの再点検を

2014/02/27 | 製品紹介

「HMT」で何がわかるか? 弾道解析器「GC2」と合わせて使用することで、インパクト前後のヘッドの動きを解析する「HMT」。 徐々に導入店舗が増えてきていて、レッスンやフィッティン

続きを見る

本革グリップの防水性は、実際どうなの?という話

グリップマスターは全天候型! 天然の本革を使ったグリップといえば、誰もが気になるのが、グリップの防水性。 「グリップマスター(The Grip Master)」は、本革使用でありながら

続きを見る

改めて、本革パターグリップ「グリップマスター」ラインナップを紹介

しっとりとした質感が魅力 本革グリップ「グリップマスター(Grip Master)」には、3種類のパターグリップがあります。2014年の新作は、「キャブレッタ」というエチオピアシープ(羊革)の本革が

続きを見る

ゴルフフェア2014 大雪でも大盛況!

2014/02/21 | イベント情報

ジャパンゴルフフェア2014に出展! 年に1度のゴルフ祭典、ジャパンゴルフフェア2014が無事閉幕しました。 開催日の2月14日、関東は雪、雪、雪……。ゆりかもめも運転を見合わせるなど交

続きを見る

ジャパンゴルフフェア2014に出展します!

2014/02/13 | イベント情報

ジャパンゴルフフェア2014 開幕! 毎年恒例のゴルフの祭典、ジャパンゴルフフェア2014が明日から開幕します(2月14〜16日)。 エンジョイゴルフ&スポーツジャパンもD18ブースにて出展

続きを見る

プロも続々使用開始! 本革ゴルフグリップ「グリップマスター」

ツアープロも興味津々 本革グリップ「グリップマスター」。 実は、日本以外の国では販売実績もかなり好調です。 ツアープロの使用も多く、レティーフ・グーセンをはじめ多くのトッププロが

続きを見る

EG&SJ セールススタッフ募集!

2014/02/09 | イベント情報

エンジョイゴルフ&スポーツジャパンでは、セールスタッフを募集します。 マキロイや石川遼も使用する最新鋭の弾道解析マシンや極上の感触の本革ゴルフグリップの販売に携わってみませんか? ご興味のある

続きを見る

取り扱いショップさんでも大好評! 本革グリップ「グリップマスター」

本革グリップが取扱ショップで人気! 天然皮革のゴルフグリップ「グリップマスター」。 他では得られない質感と雰囲気はショップの常連さんを中心に、取扱ゴルフ工房さんでも人気になっています。

続きを見る

ロフト選びからわかるプロゴルファー男女の違い

2014/01/28 | 製品紹介, ゴルフTips

男子プロはロフト多め、女子プロが少なめの傾向 日本のプロゴルファーが使用するドライバーのロフト角を調査してみると、意外にも男子プロが10度から10.5度が多く、女子プロが9度前後が多

続きを見る

弾道解析器「GC2」が、メディアで活躍する理由

ゴルフメディアでひっぱりダコ 弾道解析器「GC2」が、雑誌やWEBサイトなど、ゴルフメディアの試打企画に積極的に活用されています。 「GC2」を用いると、プロや試打評価者の主観的な感想

続きを見る

パッティングの距離感を合わせる2つのポイント

距離感のポイントは、自分の”基準” パッティングの大きな悩みのひとつが、ロングパットの距離感。 距離感を出すには経験もとても重要ですが、長くゴルフを楽しんでいるゴルファーでも距離感が苦

続きを見る

プロがパターグリップにこだわる、ただひとつの理由とは!?

パターグリップは、感性や感覚が重要 身体とクラブをつなぐ唯一の接点がグリップ。ドライバーやアイアンのグリップはこだわりがある方も少なく無いですが、意外と替えてみて効果が出やすいのがパターグリ

続きを見る

2014年羊革モデル「グリップマスター(The Grip Master)」ツアーパターシリーズ入荷!

2014年モデル入荷! オーストラリア発の本革グリップ、「グリップマスター(The Grip Master)」。 その2014年の新作が入荷しました。 「グリップマスター」は、三代に

続きを見る

革グリップ復権! 雨でも平気なグリップマスター(The Grip Master)

姿を消した革巻きグリップ 現代のゴルファーにはあまり馴染みのない革のグリップ。 しかし、ベテランゴルファーの中にはこの見た目からクラシックな昔のクラブを連想する人もいるのではないでしょうか

続きを見る

ドライバーの飛距離アップを実現する3つの要素とは?

2014/01/01 | 製品紹介

飛距離を決定する3要素 ゴルファーなら誰でも「もっと飛ばしたい!」という願望があるはず。 では、実際に飛距離を伸ばすにはどんな要素が必要なのでしょうか? トレーニングやクラブを替えて飛

続きを見る

ショット用も「グリップマスター(The Grip Master)」の本革グリップ!

ショット用本革グリップ続々! これまでの記事で、パター用を主に紹介してきた本革グリップ「グリップマスター(The Grip Master)」ですが、ドライバーやアイアンに装着するショット用も

続きを見る

PAGE TOP ↑