*

結局はパターのロフトは何度がいいの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは、エンジョイゴルフの橋本です。

突然ですが、皆さんはパターにロフトがあることはご存知だとは思いますが自分のパターが何度だとご存知ですか?

ドライバーだと、「俺のロフトは10度で〜」とか「スピン量が多いから8度にしよう」とかそんな話になりますがパターではそんな話しているのをほとんど聞きません。

そして「何度です!」即答できる人はなかなかいません。

今回は、パターもロフト大事だよーと言った結末がないブログをだらだら書いて行きます。

各メーカーのロフトって何度なの?

まずは、各メーカーのロフトを知ることが必要なので今回は個体差は入れずメーカーのカタログ表記で見てみましょう!

オデッセイ

TENシリーズ 3度

ホワイトホットOGシリーズ 3度

トゥーロンシリーズ 3度

基本的にオデッセイの場合、ロフト角は3度で統一をされていました。

テーラーメイド

スパイダーEX 3度

スパイダーSR 2.5度

スパイダーFCG 3度

トラスTB2 3度

TPコレクション 3.5度

とシリーズによって大きくロフトが異なります。色々なロフトがある事で色んなストロークタイプの方が試しやすいのがいいですね!

クラブによってロフトが変化

クラブヘッドの形状やウエイトの配分によってもインパクト時のロフトが変化してきます。後重心と前重心によってもインパクト時のロフトが変化が起こります。後重心の場合、ロフトが増加するインパクトが起こりやすく前重心では減少する傾向があります。

その為、ではスパイダーEXやスパイダーFCGのような前重心モデルが増加傾向にあります。

ではなぜ前重心でロフト減少方向のパターが増えてきたのでしょうか?

それは、ランチアングルの適正とストロークを考えた際にシンプルになってきます。

ランチアングル(打ち出し角度)の適正って

ランチアングルの適正は1~2度となっています。実際に私がクインテックというボールの回転を計測する機械式で見てもやはり1度台で打ち出すことが最適ではないかと思っています。先ほどの動画では、後重心のスパイダーXのランチアングル6度と前重心のスパイダーEXでは大きくバウンドが異なりフォワードスピン、バックスピンの数値でも大きく違いがありました。

ストロークによってのランチアングルの変化

当然ながら、ロボットが打っているわけではないのでストロークタイプはさまざまでインパクトロフトもさまざまになります。

例えばロボットが打った場合、最下点でボールを捉えるとなるとロフトに近い角度でランチアングルも飛び出します。

ただ、多くの関節が存在する人間が打つと当然運動の支点位置がそれぞれ異なり”癖”が生じます。

ショットメーカーはハンドファーストが多い

私の主観ではありますが、ショットメーカーの多くはパッティングでもハンドファーストにインパクトするプレーヤーをよく見ます。

つまりロフトを立てすぎる動きです。

立ちすぎたロフトに対して反応が起こりアッパー軌道を増やしてしまう傾向があります。

アッパーが増えすぎると支点位置が右側になり、インパクト時のフェース向きが狂いやすくなります。

これに関してはややこしいのでまたブログで紹介します。

まとめ

今回は、ロフトについてお話ししましたが、結局何度がいいという答えはなく、インパクト時のロフトを何度で当てたいかとなるので6度でシャフトを4度前に傾けハンドファーストにしてダイナミックロフトを2度にするプレーヤーもいれば0度パターであっぱを増やしてランチアングルを出していくプレーヤーもいます。

ただ僕は、最下点付近でボールを捉えた方がインパクトでのフェース向きが安定すると好んでいる為ロフトは2度付近のパターを使いダイナミックロフトを1度台にしたいと考えています。

これもストロークの”癖”によって異なるということになります!

関連記事

パターマットで出来る!!自宅練習法!!

みなさんこんにちは!エンジョイゴルフの橋本です! 現在コロナウィルスによって外出が自粛されてい

記事を読む

距離感が合わない!ストロークの再現性が低くなる理由はクラブにあった!

みなさんこんにちは エンジョイゴルフの橋本です みなさんはパッティングの距離感は

記事を読む

謹賀新年!!弾道測定器があなたのゴルフマネージメントを変える!?

皆さま明けましておめでとうございます!! 本年もよろしくお願い致します!! さて

記事を読む

ストローク時間は約1秒!?ミスを引き起こす原因だらだらストロークってなに?

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフの橋本です。 突然ですが、パッティングの

記事を読む

ツアープロのパッティングを見てみよう!

こんにちは!エンジョイゴルフの橋本です! 今回は、ツアーで

記事を読む

ツアープロパッティングデータ〜伊藤誠道プロ

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフの橋本です! 先日、パッティング解析器CA

記事を読む

よく耳にするMOIってなに??

みなさんこんにちは!! エンジョイゴルフの橋本です! 突然ですがパターのカタログ

記事を読む

パッティングでピンってあった方が入るの?!

みなさんこんにちは! 昨年よりピンを刺したままでのパッティングがルール上可能になりまし

記事を読む

明日からドローが打てる!?飛球法則のおさらいをしてみよう!

自粛明けにゴルフを一気に上手くなるためのコツを数回に分けてご紹介していきます! 突然ですが

記事を読む

パターが入らない理由は手首の動きにあった!?

最近ショットは良くなってきたんだけど、グリーンでパッティングになるとさっぱり駄目。 な

記事を読む

結局はパターのロフトは何度がいいの?

皆さんこんにちは、エンジョイゴルフの橋本です。 突然で

よくレッスンで言われるパターは真っ直ぐに動かしましょうって本当?!

皆さんこんにちは!パッティングコーチの橋本真和です!

プロはパッティングはどんな調整をしてる?練習日での一コマ

みなさんこんにちは!エンジョイゴルフの橋本です。 突然

ストローク時間は約1秒!?ミスを引き起こす原因だらだらストロークってなに?

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフの橋本です。

Visioパッティングテンプレートの選び方

みなさんこんにちは!パッティングコーチの橋本です! 今

→もっと見る

PAGE TOP ↑