*

CAPTOのパッティングデータを見てみよう!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは!!

エンジョイゴルフの橋本です。

今回は、実際にパターレッスンでパッティング解析器CAPTOを使用する事でどのようなデータを見る事が出来、どのように活用出来るのかをご紹介致します!!

今回のCAPTOレッスンはパッティングに悩むゴルファー

今回、CAPTOを使用し実際にレッスンを行なったパッティングに悩む20代ゴルファーのデータを見ていきましょう!!

超簡単!!CAPTOセットアップ!!

まずは、プレーヤー名と使用するパターの長さ、ロフト、オフセットなどの詳細データの入力を行います。

全ての入力を行い保存します。

次に2種類のキャリブレーションを行います。

これでデータ解析の準備は完了です。ここまでに要した時間は約3分。

セットアップが簡単に行えるのでお客様を待たせることなくスタートです。

パッティング解析開始!!

まずは、ストレートラインで10球程度パッティングをして頂きます。

このように10球のデータがこのように一覧で表示されます。

全てのデータにチェックを行い、averageをタッチします。

averageをタッチすることで10球のデータの平均値を出すことが出来ます。

では、細かいデータを見ていきましょう!!

黄色、赤色は危険信号??

CAPTOでは16項目のデータを一覧で表示します。

その際に各項目の状態を、緑(正常)黄色(少し危険)赤(危険)に表示します。この色に関してはあくまでもデータ上ですのであくまでも参考値として見てください。

まずは、Face・Shaft・Lie データを見ていきましょう。

基本となるデータFace Shaft Lie

この3つのデータがもっとも大切な部分のデータになってくるのでチェックを行います。

Face

このデータはストローク中のフェースの向きを表示しています。

当然、インパクト時にフェースがターゲットに向かない場合は、打ち出しにズレが起こるため大切になるデータです。

Oさんの場合は、インパクト時に平均で右に0.2度向いていたことがこのデータから読み取ることが出来ます。

Shaft

Shaftデータでは、ストローク中のシャフトの傾き(ロフト)を表示しています。

Oさんの場合は、平均で−1.5度でインパクトしていることが分かりました。

Lie

Lieデータではストローク中のライ角を表示しています。

Oさんの場合は、平均で−0.2度トウアップでインパクトしている事がわかります。

ここまでの基本的なデータを見るだけでは全く問題点は見つかりませんでした。

ではここからは CAPTOを使用する事でわかってくるデータを見ていきましょう!

自分のパッティングの支点を知る!!

CAPTOでは、Putt Kernelというパッティングの支点を知る事が出来ます。

Kernelとは果物の種のことを言うそうです。パッティングの種みたいな感じでしょう!

では、以前にも支点についての記事を書かせて頂きましたが、改めてOさんのデータを見てみましょう!

こちらのデータを見ていただくとかなり下腹部の辺りに支点が来ているのが分かります。

次にPutt Plane(パットプレーン)を見ていきましょう。

このデータを見ていただくと、パッティングの支点が低く、パッティングプレーンの角度が増える為、インパクトエリアでの軌道(イントゥイン)が大きくなることが分かりました。

意外に知らないエネルギーロスって??

次に見ていくデータがCAPTOデータの特徴の一つでもあるEnergy loss エネルギーロスです。

このデータは簡単に言うとパッティングでどれくらいインパクト位置や入射角、ロフト角によってエネルギーがロスをしてしまったかを表示しているのです。

Oさんのデータを見ていくとTotal energy balanceが−4.6%と表示されています。

詳細を見ていくとインパクト位置のズレによるデータTorqueが−5.2%とロスのほとんどを占める事が分かりました。

ですが、研究によって全体数値が±5%以内の場合、問題がないと言われているのでOさんのデータは問題ない事が分かりました。

細かい手の動作 Handlingデータ!!

最後に見ていただくデータがこのHandlingデータです。

Handlingデータを見る事でストローク中の手の動作を細かく見る事が出来ます。

パッティングにおいて手の動作は肩の動きに追従し固定されている事が良いとされています。

Oさんの平均データを見てみると、画像では分かりづらいですがバックスイング始動時に少し手の動作が入っている事が分かります。

これによってインパクト位置にズレやストローク中にリズムなどにも影響される可能性が出てくるのです。

まとめ

今回は、私が実際にCAPTOを使用しレッスンを行なった際のさまざまなデータをご紹介致しました。

CAPTOには今回紹介出来ていないデータがまだまだたくさんあります。

どのデータを重視していくのかは使い手によって変わってくると思いますので、パッティングデータに興味のある方は来年開催されるCAPTO体験会または説明会にぜひご参加ください!!

そしてブログ等でもこれからもさまざまなデータをご紹介していきますのでぜひ参考にして見てください!!

 

関連記事

プロも続々使用開始! 本革ゴルフグリップ「グリップマスター」

ツアープロも興味津々 本革グリップ「グリップマスター」。 実は、日本以外の国では販売

記事を読む

弾道解析器「GC2」が、メディアで活躍する理由

ゴルフメディアでひっぱりダコ 弾道解析器「GC2」が、雑誌やWEBサイトなど、ゴルフメディ

記事を読む

ラインの読み方が分かる!!ありえないくらいカップに入る練習器!!

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフの橋本です! 今回は、ありえないくらいカッ

記事を読む

グリップマスター 永井延宏プロの試打インプレッション@ゴルフ用品界

  ゴルフ用品界にて、永井延宏プロによる、試打インプレッション企画 &

記事を読む

グリップマスター取り扱い店舗 更新しました。

続々取り扱い店舗増えてます!!!! http://enjoy-golf.jp/grip

記事を読む

BodiTrakによる重心移動測定デモ@KSアイランドゴルフアカデミー

  BodiTrakがおかげさまで本格的にうごきだしました。 ウェイトシフト解

記事を読む

弾道解析GC2のセッティング例

弾道解析GC2に関して、よくお問い合わせをいただく質問。    

記事を読む

本間ゴルフ みなとみらい店にて。

スマートカメラシステムGC2 導入テスト! 新しいクラブフィッティングを!

記事を読む

あなたのボールがスライスする3つの理由

あなたはスライスで悩んでいませんか? アマチュアゴルファーの7割の方はスライスに悩んでいま

記事を読む

五反田にあるインドアスクール フラットフィールド。

五反田にあるインドアレッスンスタジオ。 フラットフィールド = 平らな野原 = 平野

記事を読む

スイングカタリスト・ゴルフスイングも利き足が重要

こんにちは、バランスコーチこと神谷です! いよいよTheGolf

スイートスポットを外した際の当たり負けってなに?

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフの橋本です!

ゴルフスイングでチカラを生み出す方法とは??

こんにちは!バランスコーチこと神谷です! バランスコーチ

ショートパットが入らない理由は??CAPTOで検証!!

今回は、絶対に入れたいけどなかなか入らない距離1.5mのパッテ

ついに発売!!サックスパレンテのヒミツ

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフの橋本です!

→もっと見る

PAGE TOP ↑