*

パターのグリップは弱く握るが正解!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんはパッティングの際、グリップをどのくらいの強さがで握っていますか?

プレーヤーとクラブを繋ぐグリップ。そのグリップの握る強さがストロークにどのように影響しているかCAPTO解析データを使って考えてみましょう。

アマチュアゴルファーの7割は柔らかく握っている!?

アマチュアゴルファーの方の多くは柔らかく握っている方が多いと思います。

柔らかくといっても人それぞれではありますが実際はどのくらいの強さで握るとよいのでしょうか?

グリップを極端に柔らかく握っているというプロのCAPTOデータと共にご紹介していきましょう。

CAPTOデータで見ると2つのエラー傾向が見られた。

パッティングの際グリッププレッシャーの弱いプロのデータを見てみると3つのエラー傾向が見られることがわかります。

1.ライ角

2.打点によるエネルギーロス

この2つのエラーを詳しく見てみましょう。

ライ角が不安定に

before

after

グリッププレッシャーが弱すぎる方はストローク中に大きなライ角変化が出る場合があります。

バックスイング開始直後からトウダウンが始まりストローク中にトウダウンとトウアップを繰り返しライ角が不安定になってストロークしている場合があります。

この場合、打ち出しに影響するだけでなくスムーズなストロークが難しくなるため加速度やテンポにも悪影響をもたらしますと考えられます。

当たり負けが増える!?

before

after

二つ目がスイートスポットを外したことによる当たり負けです。

こちらのエネルギーバランスのデータを見ていただくとスイートスポット外した際にグリップを強く握った場合と弱い場ではエネルギーロスが3.5%の違いがありました。

弱く握りすぎる事で当たり負けに弱くなり打ち出し方向や距離感に影響が出てくると考えられるでしょう。

その他にも軌道が変化

グリッププレッシャーを変えるだけでライ角やエネルギーバランスだけでなく軌道やフェース開閉に良い影響を与えることがわかりました。

まとめ

今回はパッティングのグリッププレッシャーについてお話しさせていただきました!

ストローク中クラブがフラフラする方や打ち出しや距離感が安定しない方はぜひグリッププレッシャーを気にしてパッティングしてみてください!またCAPTOをご使用いただいている方でライ角が安定しない方やエネルギーバランスのトルクが多い方はぜひグリッププレッシャーをお試しください!それによってグリップの選び方も変わるかもしれません!

CAPTO商品ページ http://www.captogolf.jp/
エンジョイゴルフパッティングアカデミー https://enjoy-putting.jp/

関連記事

フックラインが上手くなる3つの方法!?

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフの橋本です! 突然ですがみなさんはフックラ

記事を読む

レザーグリップのグリップマスター、新色でございます。

お世話になります。   グリップマスター、ショット用(Swinger とよんで

記事を読む

あなたのボールがスライスする3つの理由

あなたはスライスで悩んでいませんか? アマチュアゴルファーの7割の方はスライスに悩んでいま

記事を読む

下半身ゴルフ練習器具 パワースタンス。植村啓太プロによる解説。

パワースタンス with 植村啓太 上半身は下半身の動きができてこそ生きてくる。 そ

記事を読む

PGAShow2017オーランドその2 MySwingGolf

時間が空いてしまいました。 エンジョイゴルフの商品関連の仕事をしつつ、(GC2, GC4,Bo

記事を読む

プッシュやひっかけのミスをデータで見てみよう!

みなさんこんにちはエンジョイゴルフの橋本です。 ゴルファーの方なら一度はプッシュやひっかけに悩

記事を読む

パターの打ち方は果物の種で変わる??

みなさんこんちには!! エンジョイゴルフの橋本です!! 突然ですが、みなさんはパ

記事を読む

本革グリップ「グリップマスター(The Grip Master)」から、極上の感触、羊革グリップが入荷!

羊革グリップ入荷間近! 天然革ゴルフグリップのメーカー「グリップマスター(The Grip

記事を読む

ブッチハーモンの息子が語る、GC2 & HMT の活用について。(US ツアープロコーチ Claude Harmon Ⅲ)

ブッチハーモンの息子さん。 Claude Harmon 彼はUS PGA のツアープロコーチの

記事を読む

弾道解析の「GC2」とヘッド軌道測定「HMT」を簡単セッティング!

設定要らずの「GC2」! リアルな弾道シミュレーションが可能になる弾道解析器「GC2」です

記事を読む

パターのグリップは弱く握るが正解!?

みなさんはパッティングの際、グリップをどのくらいの強さがで握っ

あなたの基本は間違っているかも!?知ってなきゃ損のパターの打ち方!その1

みなさんこんにちは!! エンジョイゴルフの橋本です

パターを真っ直ぐ動かすは難しい!?本当の理想のストロークとは?

みなさんこんにちは! エンジ

謹賀新年!!弾道測定器があなたのゴルフマネージメントを変える!?

皆さま明けましておめでとうございます!! 本年もよろしく

スイングカタリストのデータからみる、プレッシャーデータとフォースの関係

プレッシャーデータでフォースを予測する あくまで予測でしかありません

→もっと見る

PAGE TOP ↑