*

Visio ヴィジオパッティングテンプレート

Visio ヴィジオパッティングテンプレートについてです。

エンジョイゴルフオンラインショップでは、

  • “脳がわかるFocusband (フォーカスバンド)” 売り切れ中、入荷待ち

  • “距離&方向がわかるInBirdie (新しいスマートパッティングマット)”売り切れ中、入荷待ち

  • “最下点とクラブ軌道がわかる賢いマット(厚、薄)” 好評発売中!

  • “ボールが曲がる仕組みがわかるSpinAxis” 好評発売中!

に加えて、新しく、

正しいパッティグストロークがわかる VISIOヴィジオパッティングテンプレート

の取り扱いをスタートいたしました。

Visioパッティングテンプレートのご紹介をいくつか。

開発者のフィル・ケニオンによる説明動画ですが、英語なので、ポイントをまとめます。

まず、テンプレートにはパターのセンターが通るアーク(円弧)と、アークに沿ったスクウェアなフェース面のラインが書かれています。二次元で見ますと、フェースが開いたり、閉じたり、と見えますが、パターは三次元の空間で移動していますので、あくまで、クラブ軌道に対してフェース面がスクウェアに動いていることが肝心です。

そして、パッティングテンプレートには四種類のモデルがあります。12°、15°、18°、21°の4種類ですが、これはクラブ軌道が描く円弧のカーブの強さを表しています。

例えばシャフトが垂直でストロークしますと、かなり直線的な円運動になりますが、例えばシャフトをぐっと倒して(ハンドダウン)ストロークしますと、円のカーブが強くなることがわかると思います。したがって、この四種類のカーブはセットアップにおけるシャフトの構え方と関係することがわかります。

(エンジョイゴルフショップでは、日本人に比較的メジャーな、12°、15°をご用意しています)

この軌道と、フェースコントロール(むしろコントロールしないことかもしれませんが)が整いますと、ボールは、狙った方向に打ち出されていきます。

さらに、Visioパッティングテンプレートはインドアではもちろんですが、実際のグリーンでも活用いただけます。

ボールの出口にティーを指しますと、ボールの打ち出しのコントロールがよりはっきりと見えてきます。このように、狙いと、スピード、ししてパターのコントロールが安定しますと、このようにカップインの確率が高まっていきます。

どちらのモデルがいいかお悩みの場合は、15°をおすすめいたします!

Visioヴィジオパッティングテンプレート ショップはこちらです

関連記事

PGAShow2017オーランドその2 MySwingGolf

時間が空いてしまいました。 エンジョイゴルフの商品関連の仕事をしつつ、(GC2, GC4,Bo

記事を読む

ヘッド軌道計測システム「HMT」で、スイングの再点検を

「HMT」で何がわかるか? 弾道解析器「GC2」と合わせて使用することで、インパク

記事を読む

最近のHMT(ヘッド軌道解析)の導入事例(with 弾道解析機GC2)

  ちょいとご無沙汰のHMT関連情報ですが、   いわゆる本格

記事を読む

ドライバーの飛距離アップを実現する3つの要素とは?

飛距離を決定する3要素 ゴルファーなら誰でも「もっと飛ばしたい!」という願望があるはず。

記事を読む

パッティングに関するテクノロジーと練習器具。

エンジョイゴルフブログ、ご無沙汰投稿です。 もっともっとこまめにやりたいのですが、つい、お手軽

記事を読む

珍事?! バックスピン量よりサイドスピン量が多かった話

バックスピンよりサイドスピンが多い弾道とは? 先日、グリップマスターを取り扱ってい

記事を読む

弾道解析GC2 とヘッド解析カメラHMTでできること

雑誌でもおなじみ弾道解析GC2ですが、 そのオプションカメラとして昨年登場したHMTの評価がか

記事を読む

週刊ダイヤモンド 田島創志プロのレッスンコーナー。

今週の週刊ダイヤモンド ”田島創志の100ヤード以内完全攻略” 田島プロ

記事を読む

パッティングの距離感を合わせる2つのポイント

距離感のポイントは、自分の”基準” パッティングの大きな悩みのひとつが、ロングパットの距離

記事を読む

グリップマスターとスーパーストロークの比較

ちょっと前の投稿ですが、パーゴルフ”空中戦 地上戦の科学”や、いろいろな雑誌で活躍される アンサー

記事を読む

PAGE TOP ↑