*

パターが入らない理由は手首の動きにあった!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近ショットは良くなってきたんだけど、グリーンでパッティングになるとさっぱり駄目。

なんて感じていませんか?そんな方はもしかするとストローク中の手首の動きが原因かも知れません‼︎今回は、パッティングに悪影響を及ぼす手首の動きについて考えていきたいと思います!

アマチュアゴルファーは手首の動きが多い!?

多くのアマチュアゴルファーのパッティングを見ていくとプロに比べてアマチュアゴルファーはインパクト前からフォロースルーにかけて手首の動き(甲側)を過剰に使う方をよく見かけます。このように手首の使いすぎるストロークをしてしまう事でなに起こってしまうのでしょうか?

手首を使う事で半径が変化する!?

手首を甲側に過剰に使ってしまう事で、どのような部分が変化を起こすのでしょうか?パッティング解析器CAPTOのデータを見ながら考えていきましょう。

こちらの3Dデータを見ていただくと、低くバックスイングをしているのに対してフォローサイドでは、クラブヘッドが急激にアッパーに動きアドロフトしているのが分かります。このような動きが起こる事でローポイント付近では急激に円(プレーン)の半径が小さく変化してしまいます。

また逆にバックスイングでクラブヘッドが高く上がり、フォローサイドでバックスイングの円(プレーン)に対してクラブヘッドが低くなった場合は、円の半径がローポイント付近で大きくなっていきます。そして今説明させていただいた軌道以外にもライ角やフェースローテーションによっても半径は変化してきます。

半径が小さくなると軌道も変化!?

パッティングの円(プレーン)はほとんどの方が10度から30度傾いており半径のサイズが変わることで、インサイドアウトやアウトサイドイン軌道が強くなることがあります。

この変化により結果的に思っている軌道と違う動きをしてしまうこともあります。

半径変化をチェックしてみよう!

アライメントスティックとパターを用意します。写真のようにスティックの下をクラブヘッドに当て、反対側を胸に当てます。

この状態でアドレスを行い、まずはバックスイングをしてみましょう。

その際に、手首で上げた場合とトウアップで上げた場合、胸にセットしたアライメントスティックが胸に押し上がってきます!少し胸に刺さるような感じがあれば半径が小さくなっていると言うことになります。

また胸からアライメントスティックが離れるような感じが有ればバックスイング側で半径が大きくなる感じと言えるでしょう。

このテストをインパクトからフォローにかけてもやってみると半径の変化が起きているのかが感じられます!

変わらない半径を作るために自然なストロークを目指そう!

半径のサイズ変化を少なくすることはパッティングの安定に繋がることは、なんとなくイメージがついていただいたとは思いますが、どのような練習をすると半径変化が少なくなるのでしょうか?

そんな練習にはパター練習器具best putt ベストパットが最適!?

手首を過剰に使いすぎる方は、インパクトで写真のように手元が体の中心で止まりすぎてしまい、フォローでクラブヘッドのみ動いてしまいアッパー軌道、アドロフトが起き半径サイズ減少を作ってしまいます。

そんな方はパター練習器具best puttを左腰に装着し赤いヘッドにフォローで当たるように練習してみましょう!そうする事で手元がインパクト前に止まる事なく自然なストロークを作る事ができます!

またいろいろな練習法などは次回ご紹介いたしますが、手首を使いすぎる方には絶対使っていただきたいですね!

まとめ

今回は、手首の動きよっての半径変化をご紹介いたしました!イメージしているストロークが出来ない方やとにかくパターが入らない方はぜひ半径変化を考えてみてくださいね!

best putt ベストパット 購入はこちら

https://enjoy-golf.shop-pro.jp/?pid=150572978

関連記事

ゴルフの祭典PGASHOW・2日目〜最終日

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフ橋本です 今回もフロリダ州オーランドで開催されたPGA

記事を読む

ツアープロパッティングデータ〜伊藤誠道プロ

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフの橋本です! 先日、パッティング解析器CA

記事を読む

距離感がズレる?!パッティングに重要なエネルギーロスとは?

みなさんこんにちはエンジョイゴルフの橋本です! 突然ですが最近耳にするエネルギーロスと

記事を読む

距離感が作られる3つのポイントとは?

みなさんこんにちは! 突然ですが、みなさんはパッティングで距離感はあっていますか?とんでもなく

記事を読む

世界のトップコーチも取り入れている地面反力の使い方

ゴルフエンジニアリングlevel 1.5開催 9月10日、11日の日程でTHE GOLF

記事を読む

CAPTOでわかった、ストロークの支点という概念

こんにちは。 今日はちょっと聴き慣れない概念のお話です。その名も”ストロークの支点”

記事を読む

バイオスイングダイナミクスセミナーを受けてきました!

みなさんこんにちは!エンジョイゴルフの橋本です! 今回は、先日PGSTパフォーマンスゴ

記事を読む

プッシュやひっかけのミスをデータで見てみよう!

みなさんこんにちはエンジョイゴルフの橋本です。 ゴルファーの方なら一度はプッシュやひっかけに悩

記事を読む

ゴルフの祭典PGASHOW・1日目

こんにちは!!エンジョイゴルフ橋本です。 今回のエンジョイブログは毎年オーランドで開催

記事を読む

あなたの基本は間違っているかも!?知ってなきゃ損のパターの打ち方!その1

みなさんこんにちは!! エンジョイゴルフの橋本です 突然ですが、みなさんのパッテ

記事を読む

GGスイングをデータで解析。ジョージガンカスが語るマシュー・ウルフのスイング

Swing Catalyst ウェビナー日本字幕プロジェクト

明日からドローが打てる!?飛球法則のおさらいをしてみよう!

自粛明けにゴルフを一気に上手くなるためのコツを数回に分けてご

CAPTOでわかった、ストロークの支点という概念

こんにちは。 今日はちょっと聴き慣れない概念のお話です

スイングカタリスト ショーン・フォーリーとの対談

ショーンフォーリーとDr.スコットリン お待たせしました。

スイングカタリスト 殿堂入りコーチマイクアダムスとの対談

マイクアダムスをご存知ですか?   バイオメカニクス

→もっと見る

PAGE TOP ↑