*

パッティングに関するテクノロジーと練習器具。

公開日: : ゴルフTips, パッティング, 製品紹介

エンジョイゴルフブログ、ご無沙汰投稿です。

もっともっとこまめにやりたいのですが、つい、お手軽にFBやインスタでお茶を濁してしまいます。

本当はブログで、しっかり残るものを書いて行かねばなりません。お茶を濁していてはいけません。

ということで、久々に。

最近パッティングが面白くて仕方ありません。

出会いはPGAShow 2018 。そこでPuttViewに出会います。

 

あれよあれよという間にお話がまとまり、五月の連休中に皆で必死にお仕事して、出来上がりましたのが、

PuttView 国内(アジア)第1号。

東京虎ノ門にあります、森ビルさんが運営する、”ヒルズゴルフアカデミー”https://www.hillsgolf.jp/hillsgolfacademy/

PuttViewのWebsiteはこちら。http://www.puttview.jp/

 

このテクノロジーによってパッティングがいかに自由度が大きくて、正しいことがたくさんあって、正解は一つではなくて、

それでいてやってはならない間違いはある、という迷言を生み出すほど、パターが面白いなーと思っています。

 

こんな動画があります。

緑色の範囲がロレックスラインと呼ばれる(私たちはバナナラインとよんでいます)、

白い線がラインを消して早いスピードのパターライン。

緑の線がラインをしっかり出して、ジャストタッチのとろとろライン。

まさにこの二つの線の中で程よく打てればボールはそこそこの範囲に落ち着くし、

少なくとも白い線より右に落ちなければ、カップインする可能性があるという、大変頼もしいラインです。

 

この選手は、緑のロレックスラインよりさらに外から、ボールの重力でカップに沈めてきたわけです。

こんなことがあるので、やはりパターはアートなんだなと。

この選手本当はもっと右に打ち出したかったのかもしれない。

もっと早く転がそうとしたのかもしれない。

もちろん狙い澄ましたのかもしれない。

どっちにしたって入るわけです。

 

こんなイメージも見て欲しいのです。

PuttViewを使った東浩子プロの練習風景。

 

バナナラインの範囲でタッチを変えて狙いを変えて、イメージを出して転がしていく練習。

こんなに入る可能性はあるわけです。

 

パッティングというアートの流れ(一般的な流れ)

1)傾斜を読んで、イメージを作ること。

2)その際に早い場合のライン(1mオーバー)、遅い場合のライン(ジャストタッチ)見てバナナラインを見つける

3)自分がうちたいスピード(最終到達点)を決めて、バナナの中でどこを通すか(人によってはカップをボール何個外すか)

4)自分の中のターゲットを決めたらそこに対してストローク。

 

アートだとは言っても、最後はやはり、4)の自分の狙ったところに打ち出せるかどうか。

これはストロークの技術です。初めてここで技術です。

そして、ストロークの練習に最適なのが、VISIO パッティングテンプレート。

すごくシンプルなのですが、パターのストローク(フェースの向き、フェースの中心が通るライン)を可視化した

優れもの。そしてその人のストロークタイプによっていくつか円弧の角度の選択肢があります。

 

これを見てください。

 

これも。

僕の指が写っていてすいません。

 

これも。 狙いが決まって、狙い通り打ち出して、スピードがあっていると、ボールはカップに吸い込まれます。

ということで、本題はこちら。

エンジョイゴルフショッピングサイトにて、こちらのVISIO取り扱い開始しました。

是非お試しを。

http://enjoy-golf.shop-pro.jp/

 

ちなみに、狙いを正確にチェックするには、こういうマシンを使います。パーフェクトパター。

 

 

エンジョイゴルフ!

EnjoyGolf&SportsJapan
オフィシャルブログ www.enjoy-golf.jp/blog/
フォーカストレーニングブログ http://focusband.jp/blog/
最新カメラセンサーGC4(GCQuad) www.golftech.jp/gc4
弾道解析GC2&クラブ解析HMT www.golftech.jp
フォーカス(無心)トレーニング フォーカスバンド www.focusband.jp
3Dモーションキャプチャスイング解析 www.myswing3d.com
ウェイトシフト解析機 ボディトラック www.boditraksports.jp
ウェイトシフト練習機 パワースタンス www.powerstance.jp
レザーグリップNO1 , グリップマスター  www.enjoy-golf.jp/gripmaster
スイングプレーントレーニング  www.PlaneSwing.jp

関連記事

PGA Tour 優勝者続出??新常識????BodiTrakセンサーによるPGA Tour Proの下半身重心移動解析。

最近のUSPGAでの優勝者の傾向、 ちょっと無理して傾向を述べさせていただければ、 Sc

記事を読む

ドライバーの飛距離アップを実現する3つの要素とは?

飛距離を決定する3要素 ゴルファーなら誰でも「もっと飛ばしたい!」という願望があるはず。

記事を読む

ヘッド軌道計測システム「HMT」で、新飛球法則、Dプレーンを知ろう

「HMT」でヘッド軌道を計測 前回の記事、「ヘッド軌道が計測できる「HMT」とは?」で、弾

記事を読む

ショット用も「グリップマスター(The Grip Master)」の本革グリップ!

ショット用本革グリップ続々! これまでの記事で、パター用を主に紹介してきた本革グリップ「グ

記事を読む

弾道解析器 GC2は、なぜ人気なのか?

弾道解析器「GC2」 活躍中! 弾道解析器「GC2」の人気が、この1.2年で急上昇中。

記事を読む

GC2 の後継機種。GC4 (GCQuad)ってなんだ!??

久しぶりのブログです。失礼します!   GC2 は Game Changer

記事を読む

パワースタンスの持ち運びとご利用方法。使い方。

パワースタンス。 ウェイトシフト練習機 パワースタンス www.powerstance.jp

記事を読む

革グリップ復権! 雨でも平気なグリップマスター(The Grip Master)

姿を消した革巻きグリップ 現代のゴルファーにはあまり馴染みのない革のグリップ。 しかし、

記事を読む

女子プロ ドライバー

ロフト選びからわかるプロゴルファー男女の違い

男子プロはロフト多め、女子プロが少なめの傾向 日本のプロゴルファーが使用するドライ

記事を読む

下半身ゴルフ練習器具 パワースタンス。植村啓太プロによる解説。

パワースタンス with 植村啓太 上半身は下半身の動きができてこそ生きてくる。 そ

記事を読む

PAGE TOP ↑