*

GC2 の後継機種。GC4 (GCQuad)ってなんだ!??

公開日: : 新製品情報, 製品紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久しぶりのブログです。失礼します!

 

GC2 は Game Changer の二世代目、という意味でした。Game Changer 2.

GC2登場から約6年が経過して、その間もソフトウェアやファームウェアなどのマイナーチェンジはされてきたものの、

高精度&コンパクトな弾道解析機&シミュレータとして世界中で練習、レッスン、クラブフィッティングの現場で愛されてきたマシンについに、後継機種が発表されることになりました。

 

GC2GC4

 

新商品を出し続けるのは、メーカーとしてはとても大事なマーケティング戦略なわけですが、(メディアにも新しいものとして取り上げられるので)、GC2はその完成度の高さから、なかなか斬新な新商品の発表がなかったんです。

 

こちらが現在も大活躍のGC2 !

Mizuno-Boron-Iron-100-19

カメラ技術に対して、ドップラーテクノロジーのフライトスコープやトラックマンがインドア専用モデルを発表したり、いろいろな外部の技術を取り込んだプラットフォーム戦略で目新しい打ち出しをバンバン出しているのを尻目に、GC2はコツコツと、これまでの土俵で評価され、市場を広げてきたわけです。はっきり言ってとても地味に。

 

もちろん、弾道を解析するGC2、そしてヘッド軌道を解析するHMTなど関連技術の発表はその間にありましたので、クラブ軌道を独自のカメラ技術で解析するというのは大きなインパクトがあったと思いますが。なんか地味だったんです。

それがようやく、2017年の1月25日から始まるPGAShow2017 新しいプロダクトがお披露目されるわけです。

海外の主要メディアではすでにいくつかリリースが出ているようなので、今日はメーカーから聞いた情報と、それらをいくつかかいつまんで新しい弾道解析機GC4(GCQuad)とはどういうものなのかをまとめておこうと思います。

GC4(GCQuad )GCクワッドと呼びます。

概要は弊社のWEBでもすでに紹介しております。 

GC4(GCQuadウェブサイト) http://golftech.jp/gc4//

こういう躯体です。

正面からパッと見て気づくのが

①弾道やクラブの情報を表示してくれるディスプレーがトップにあります

②明らかにカメラ(眼)が4個あります。これが今回の目玉です。

 

GCQuad-1

 

また、裏を見るとこれまたいくつか気づくことがあります。

従来はBlueToothによるアプリとの通信、そしてパソコンとはUSB経由だったわけですが、

これがWifi+イーサネット+Bluetoothと通信手段が拡張されました!

GCQuad-4

GCQuad-3

 

機能的にはどうなんでしょうか。

プレスリリースによると、

①4つのカメラ搭載により、精度がさらにアップ!

②従来のGC2+HMTの機能をこれ一台でカバー!

③ボールの認識エリアが(ヒッティングゾーン)GC2よりも六倍広い!

④ターゲットに設定が自動化(これはまだきちんと理解してまたアップします)

⑤高度計による自動計算(空気圧によって飛距離が変わるため)

⑥フラッシュモジュールの交換が不要

などなどかなり魅力的な機能が満載です。。

 

最も大きい革新は、カメラの技術で、これもしっかり理解が必要ですが、従来のカメラが平面でボールを捉えていたのに対して、新しく開発された魚眼レンズがボールを立体視野(しかも4カメラ)で捉えることで、これまで捉えたいた情報の実に二十倍もの情報を捉えることに成功したということです。

大事なのは、GC2の解析レベルが低いということでは決してなく、GC2はこれまでも今も素晴らしい商品なのですが、
GC4(GCQuad)は全く新しい技術でそれを塗り替えようとしている、まさにGame Change (ゲームチェンジ)を仕掛けているということなんです。

この精度の違いがどれだけの意味をもたらすのかは正直わかりませんが、価格とのバランスで、良いものであればそれは、多くのゴルファーにとって素晴らしい商品になるはずです!

spec

 

 

ちょっと情報がてんこ盛りになってきましたが、

一旦今日はここまで。

再来週のPGAショーでまた報告します!

GC4(GCQuadウェブサイト) http://golftech.jp/gc4//
======================
EnjoyGolf&SportsJapan
オフィシャルブログ www.enjoy-golf.jp/blog/
弾道解析GC2&クラブ解析HMT www.golftech.jp
ウェイトシフト解析機 ボディトラック www.boditraksports.jp
フォーカス(無心)トレーニング フォーカスバンド www.focusband.jp
ウェイトシフト練習機 パワースタンス www.powerstance.jp
レザーグリップNO1 , グリップマスター  www.enjoy-golf.jp/gripmaster
スイングプレーントレーニング  www.PlaneSwing.jp

関連記事

GC4(GCクアッド)の活用 横のプレーンを科学する。

またまた久方ぶりのエンジョイブログです。 人生はエンジョイしていますが、なかなかブログに向き合

記事を読む

スイング改善シリーズVol1

これからシリーズ化を心に決めた スイング改善シリーズ。 BodiTrakを活用して、Cop の

記事を読む

PGA Show 2015 の備忘録②

PGA Show2015の備忘録。   今度はなるほどー、と感心してしまった商

記事を読む

グリップマスターとスーパーストロークの比較

ちょっと前の投稿ですが、パーゴルフ”空中戦 地上戦の科学”や、いろいろな雑誌で活躍される アンサー

記事を読む

4月のテクノロジーワークショップの予定決定(札幌、名古屋、東京)

4月のワークショップの予定です。なんとか年内50回やりたい。 エンジョイゴルフテクノロジーワー

記事を読む

本格派の天然皮革グリップブランド「グリップマスター」サイトがオープン!

Grip Master 始動! エンジョイゴルフのサイトに、新しいブランド「グリップマスタ

記事を読む

革グリップ復権! 雨でも平気なグリップマスター(The Grip Master)

姿を消した革巻きグリップ 現代のゴルファーにはあまり馴染みのない革のグリップ。 しかし、

記事を読む

なぜ今GCQUADが選ばれるのか?その1

皆さんこんにちは、エンジョイゴルフの橋本です! 皆さんは弾道測定器を使ったことはありま

記事を読む

ヘッド軌道計測システム「HMT」で、新飛球法則、Dプレーンを知ろう

「HMT」でヘッド軌道を計測 前回の記事、「ヘッド軌道が計測できる「HMT」とは?」で、弾

記事を読む

グリップマスター パターグリップ オリジナルOEMサービス本格展開

革のグリップ、グリップマスター、こういうサービスも初めております。 いままでは大きなロットでし

記事を読む

GGスイングをデータで解析。ジョージガンカスが語るマシュー・ウルフのスイング

Swing Catalyst ウェビナー日本字幕プロジェクト

明日からドローが打てる!?飛球法則のおさらいをしてみよう!

自粛明けにゴルフを一気に上手くなるためのコツを数回に分けてご

CAPTOでわかった、ストロークの支点という概念

こんにちは。 今日はちょっと聴き慣れない概念のお話です

スイングカタリスト ショーン・フォーリーとの対談

ショーンフォーリーとDr.スコットリン お待たせしました。

スイングカタリスト 殿堂入りコーチマイクアダムスとの対談

マイクアダムスをご存知ですか?   バイオメカニクス

→もっと見る

PAGE TOP ↑