*

マレーシアでのゴルフ。ラスベガス?オリンピック?サクセス!!!

公開日: : ゴルフTips

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ちょっとテーマをかえて。

 

マレーシアでローカルとゴルフをすると、

最初戸惑うことがあります。

 

ストロークでの勝負にくわえて、サクセス(Success) というローカルのゲームがあります。

以下、ようやく理解できたので、頭の整理にまとめておきます。

 

ちょっと長いですが、マレーシアのみならず、イギリス、インド、インドネシアなど

イギリス系、オランダ系植民地だった地域ではこのゲームが一般的に受け入れられているようですので、

結構有用かも。

 

 

①まずはストロークについて。

ストロークプレイとは

言わずもがな、トータルの打数(グロス)からハンディキャップを減算してネットのスコアを競う競技。

そもそもこれがあるから、ゴルフは上級者とラウンドしてもおもしろいわけですが、

 

ところが、日本ではハンディキャップの概念がなんとなく希薄で、ちょっともったいないなって思います。

 

海外では ” What’s your handicap ???” って必ず聞かれますので、

 

嘘でも自分のだいたいの平均スコアから72を引いた数を頭にいれておくとよいかと思います。

 

ちなみには僕は現在HDCP 17 がオフィシャルです。

たとえば、Par72のコースで90打うったとして、HDCPが17だと、ネットスコアは73打の

1オーバーとなる訳です。

HDCPのお陰で、HDCP5の人が80をうったりしたときに、”勝った” ていうことがある訳です。

これがゴルフの一つの面白さだと思います。

 

②次に日本やアメリカではあまりきかない、サクセス。

サクセスとは

またの名を 3-1-1 (Three One One) といいます。

これは3つのゲームの複合体です

 

最初は訳がわからないです。

Game(3point)、Dormy(1point) , Buy(1point)というゲームの複合体になります。

以下、それぞれ説明してみましょう。

通常9ホールごとで精算するのでその前提で説明してみます。

またお話をシンプルにするために我々二人はハンディキャップがほぼ同じで

ハンディホールがない、という前提でよんでください。

 

 

1)Gameとは

ホールごとの打数ではなく、勝ち負けをカウントしていき、

9ホールでの勝ち数が多い方が勝ち。これがGameです。

サクセス(3-1-1)ではGame で勝つと 3point (3balls ) ゲットとなります。

 

たとえば、下のスコアカード(汚いですが)で、一番上のプレイヤー(僕)と二番目のプレイヤー(Thed)で

みてみましょう。

20140731_155333 (1)

 

一番から順に

  • 僕     5 5 5 3 6 6 6 4 5
  • Thed  6 5 5 4 7 6 6 4 4

となってます。

僕目線で行くと結果としては

○ーー○○ーーー×となり、

3勝5分1敗ですが

 

実際は7ホール目(ここまで3up,残りホールが3)を引き分けた時点で勝ちとなっています。

 

これがGame です。僕はこれで3ポイントゲットできます!

 

 

2)Dormyとは

またの名をInsurance(保険)といいます。

これはゲームに負けた場合でもポイントをゲットする余地を残しているという考えに基づきます。

もちろんドーミーでも負けるとポイントをとられることになります。

上の例で行くと、6ホール目が終わった時点で、僕が3勝。残りホールは3ホールです。

 

つまり7ホール目を取らないとゲームの勝敗がきまるということで、この場合7番ホールをドーミーホール

 

といいます。

 

この7ホール目 勝負はダブルボギー同士で引き分けです。

したがってお互いポイントはつかず0ポイントですが、

この時点で1)のGameの勝者が決まったわけです。

 

僕はGame 3, Dormy 0 で3ポイントゲットです。

 

わかりますかね??www

 

そして最後にBuy です。

 

3)Buyとは

 

Game, Dormyとそれぞれおわりましたが、それでもまだ2ホールのこっているので、せっかくなので、遊びましょう

というのがBuy(バイ)です。

 

のこりの8,9番もきちんと勝負しようよということで,Gameの勝負はついてますが、

ここから各ホール1ポイントかかっているので、

緊張感をもって楽しめるのです。

 

上のスコアカードでは、

8番 僕もThedも4ですので引き分けでポイントゼロ

9番 僕は5, ThedはパーですのでThed にポイントがつきます

 

さてようやくまとめます。

僕 Game 3 Dormy 0 Game -1 =2

Thed Game -3 Dormy 0 Game 1= -2

ということになる訳です

 

これはあくまで個人戦ですが、サクセスでは、6ホールごとにパートナーをかえて、この勝負をしていきます。

1ポイントの金額が増えると、めちゃくちゃしびれる戦いになる、ということなのです。

 

ややこしいですが、こんな感じです。

 

誰の約にもたたないかもですが、自分の備忘録として。

 

エンジョイゴルフ!!!!!!

 

 

 

関連記事

女子プロ ドライバー

ロフト選びからわかるプロゴルファー男女の違い

男子プロはロフト多め、女子プロが少なめの傾向 日本のプロゴルファーが使用するドライ

記事を読む

Jason Day のウェイトシフト(重心移動)を科学する。

マスターズ。   初日にいけると踏んだんですけど残念だったJason Day

記事を読む

グリップマスターとスーパーストロークの比較

ちょっと前の投稿ですが、パーゴルフ”空中戦 地上戦の科学”や、いろいろな雑誌で活躍される アンサー

記事を読む

プロがパターグリップにこだわる、ただひとつの理由とは!?

パターグリップは、感性や感覚が重要 身体とクラブをつなぐ唯一の接点がグリップ。ドライバーや

記事を読む

珍事?! バックスピン量よりサイドスピン量が多かった話

バックスピンよりサイドスピンが多い弾道とは? 先日、グリップマスターを取り扱ってい

記事を読む

下半身から考えるスイング改善シリーズVol3 塚田好宣プロ(アイアン編)

  勝手に人気シリーズの第三弾。 下半身から考えるスイング改善シリーズ。

記事を読む

下半身トレーニングパワースタンス 販売開始時期とプロモーションビデオのお知らせ。

下半身に特化した練習器具、パワースタンス。 このたび、大変有り難いご縁をいただき、 素晴

記事を読む

伝説の選手たちが使ってきたアイアン

こんにちは😊 突然ですが皆さんはアイアンといえば、どんなメーカーを思い浮かびま

記事を読む

CAPTOでわかった、ストロークの支点という概念

こんにちは。 今日はちょっと聴き慣れない概念のお話です。その名も”ストロークの支点”

記事を読む

Scott Hamilton によるBodiTrak使用解説。

  ただいま売れっ子のPGAツアープロコーチ、Scott Hamilton はBod

記事を読む

ショートパットを絶対に決めたい!確認する3つのこと

皆さんこんにちは!パッティングコーチの橋本です!今回はスコア

パターのサイトラインにこだわりをもってみよう!

みなさんこんにちは! パッティングコーチの橋本です!

全米女子オープン日記3

みなさんこんにちは!エンジョイゴルフの橋本です!今回が全米女

メジャー大会に帯同して感じた日本との差

みなさんこんにちは!エンジョイゴルフの橋本です。今回は、笹生

全米女子オープン日記2

みなさんこんにちは!パッティングコーチの橋本です! 今回は、

→もっと見る

PAGE TOP ↑