*

ロフト選びからわかるプロゴルファー男女の違い

公開日: : 最終更新日:2014/01/28 製品紹介, ゴルフTips

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男子プロはロフト多め、女子プロが少なめの傾向

2014012601

日本のプロゴルファーが使用するドライバーのロフト角を調査してみると、意外にも男子プロが10度から10.5度が多く、女子プロが9度前後が多いことに気づきます。

本来、ロフト角はパワーやヘッドスピードの少ないゴルファーほど多めにするというのが定説。かつてジャンボ尾崎プロはロフト角7度のメタルドライバーを使用し、タイガー・ウッズはロフト6.5度の975Dチタンで多くのメジャーに勝利しました。

しかし、最近のプロゴルファーにはこれが当てはまりません。件の二人も現在は10度前後のロフト角のドライバーを使用しています。なぜでしょうか?
今回は、その問いを考えつつ、これが我々アマチュアゴルファーにも当てはまるのかを考えてみましょう。

女子選手が低ロフトを選ぶ理由

女子プロ ドライバー

女子プロの使用するドライバーの例。ロフト角は8.5度

大きな飛距離を出すには、ボール初速の速さに加え、打ち出し角とスピン量のバランスが必要です。

力がないゴルファーがロフト角の大きいドライバーを使用するほうが良いと言われているのは、ヘッドスピードが遅いと打ち出し角とバックスピン量が不足するためです。ロフト角を増やすことで、打ち出し角は高くなり、スピン量は多くなります。結果、力のない人が効率よく飛距離を出すことが出来ます。

では、なぜ明らかに力がない女子プロのほうが、ロフトの少ないドライバーを好むのでしょう?
ポイントは以下の2つです。

  1. アッパーブローで捉える傾向
  2. 曲がり幅が小さい

アッパーブローで捉える傾向

女子プロは、男子に比べ、よりアッパーブローでボールを捉える傾向があります。スイングで打ち出し角を確保するので、ロフト角は少なめでもOKになります。ロフト少なめヘッドをアッパーで打つと、高弾道低スピンのカッ飛び弾道になりやすくなります。

曲がり幅が小さい

ヘッドスピードが遅く飛ばないということは、逆にいえば曲がり幅も少ないということ。その分、曲がりのリスクを小さく見積もることが出来るとも言えます。プロはミート率が高いのでなおさらです。

となると、少ないロフト角の方が飛距離が出る可能性は高いので、少ないロフト角を選ぶ傾向が強くなります。アッパーブローの度合いが強いプロは男子でもほとんどいないロフト角8度を使う選手もいます。

飛距離をとるか、再現性をとるか

男子プロ ドライバー

男子プロの使用するドライバーの例。ロフト角は10度と一般アマと変わらない

これは球質の違いと考え方の違いが大きく関係しています。
男子に比べ、曲りのリスクが少ない女子プロだからこそ、できるスイングとクラブ選択と言えます。

男子プロは、リスクを回避し再現性を重視するので、スウィングはレベルブローに。その分、ロフト角は多めになります。また男子プロの技量であれば、スピン量を減らす打ち方もできるので、コントロールしやすいものを選択してるとも言えます。

このように、プロのレベルであっても最大飛距離と安定性は両立しません。自分の最大飛距離を追及するのか? それとも曲りを抑え、安定した飛距離を追及するのか? 
その兼ね合いをゴルファーは考えて、クラブを選んだり、スイング作りをしなければならないわけです。

アマチュアゴルファーが自分の最適弾道を得るのは、まず自分の弾道の性質を知ることが先決。弾道解析器「GC2」の設置店で、自分の飛ばしの三要素、「ボール初速」「打ち出し角」「スピン量」を測定してみてください。

関連記事

最新!高MOIパターアメリカから上陸‼︎ 「SACKS PARENTE」ってなに?

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフの橋本です! 今回は、高いMOIにより打点

記事を読む

BodiTrakバランスコーチング実践

こんにちわ。今日もBodiTrakに関して。 アジアで初めてのバランスコーチという肩書

記事を読む

ゴルフの祭典PGASHOW・2日目〜最終日

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフ橋本です 今回もフロリダ州オーランドで開催されたPGA

記事を読む

パワースタンスの持ち運びとご利用方法。使い方。

パワースタンス。 ウェイトシフト練習機 パワースタンス www.powerstance.jp

記事を読む

BodiTrakによる重心移動測定デモ@KSアイランドゴルフアカデミー

  BodiTrakがおかげさまで本格的にうごきだしました。 ウェイトシフト解

記事を読む

グリップマスターとスーパーストロークの比較

ちょっと前の投稿ですが、パーゴルフ”空中戦 地上戦の科学”や、いろいろな雑誌で活躍される アンサー

記事を読む

ゴルフ・あなたも簡単にボールをコントロールする事が出来る!!

テクノロジーを駆使した最先端レッスンが可能にするゴルフの未来が見えたゴルフエンジニアリングセミナー!

記事を読む

PGA Tour 優勝者続出??新常識????BodiTrakセンサーによるPGA Tour Proの下半身重心移動解析。

最近のUSPGAでの優勝者の傾向、 ちょっと無理して傾向を述べさせていただければ、 Sc

記事を読む

パッティングの支点ってなに?

みなさんこんにちは エンジョイゴルフの橋本です! 話題のパッティング解析器『CAPTO』の解

記事を読む

弾道解析カメラGC2を活用した、最適スピン量の考察(by エースゴルフクラブ 石井忍プロとのチャットから。)

ある日の、忍プロとのチャット。   僕:しのぶさん、そういえば、以前エ

記事を読む

GGスイングをデータで解析。ジョージガンカスが語るマシュー・ウルフのスイング

Swing Catalyst ウェビナー日本字幕プロジェクト

明日からドローが打てる!?飛球法則のおさらいをしてみよう!

自粛明けにゴルフを一気に上手くなるためのコツを数回に分けてご

CAPTOでわかった、ストロークの支点という概念

こんにちは。 今日はちょっと聴き慣れない概念のお話です

スイングカタリスト ショーン・フォーリーとの対談

ショーンフォーリーとDr.スコットリン お待たせしました。

スイングカタリスト 殿堂入りコーチマイクアダムスとの対談

マイクアダムスをご存知ですか?   バイオメカニクス

→もっと見る

PAGE TOP ↑