*

ライ角計測!!なぜ今GCQUADが選ばれるのか?その2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんこんにちは。

エンジョイゴルフの橋本です。今回は前回に引き続き「なぜ今GCQUADが選ばれるのか?」をご紹介したいと思います。

前回は、フェースデータのデータの正確性をご紹介致しました。今回はフェースデータの中のライ角データをご紹介致します。

ライ角調整ってなんで重要?

ライ角調整しませんか?などと宣伝をよく見ませんか?

ライ角はなぜ重要なのでしょうか?

そしてそもそもどうやってライ角を計測をしているのでしょうか?

ライ角によって打ち出し方向が変化

ライ角がアップライトやフラットでインパクトすることで打ち出し方向に大きな差が出てきます。

画像でおさらいしておきましょう!

適正ライ角

アップライト

フラット

こんな風にインパクトでライ角の角度が適正ではないものを使うと打ち出しにミスが出てしまうのです。

そもそも計測している位置が違うかも?

従来のライ角の計測の場合、専用ボードの上でショットを行いソールの跡などをみて判断するのが一般的でした。

ですがGCQUADの登場で、より簡単により正確なライ計測を可能になったのです。

従来の計測方法とGCQUADでの計測の違いを考えてみました。

ダウンブローだと・・・?!

上級者のほどんどはアイアンの場合ダウンブローでクラブが入ってきます。

その場合、最下点前、いわばクラブが地面にタッチする前に、ボールにはインパクトしていることになります。

従来の硬いボードの上でショットを打ち計測する方法ですとダウンブローの場合、インパクト後のクラブと地面の接触を計測している為 本当の正確なインパクト時のライ角を知れない可能性がありました。

また、硬い板の上でのショットになる為、プレーヤーに恐怖心を与えてしまうこともあります。

GCQUADの場合、普段の解析同様ショットをするだけでこのようなインパクト瞬間のライ角が計測が出来るのです。

まとめ

今回は、GCQUAD計測で見える「ライ角データ」についてご紹介させていただきました。

より簡単により正確に計測できるテクノロジーを使用してクラブフィッティングやレッスンに活用していきましょう!!

 

関連記事

GC4(GCクアッド)の活用 横のプレーンを科学する。

またまた久方ぶりのエンジョイブログです。 人生はエンジョイしていますが、なかなかブログに向き合

記事を読む

地面反力を知る!!いよいよ募集開始!!スイングカタリストセミナー

  みなさんこんにちは! みなさんこんにちは!エンジョイゴルフの橋本で

記事を読む

飛ばすため秘訣はお尻のストレッチ!?

みなさんこんにちは! 2月中盤にもなりゴルフシーズンまであと少しですね! 今回は、シーズンに

記事を読む

スイングカタリスト・ゴルフスイングも利き足が重要

こんにちは、バランスコーチこと神谷です! いよいよTheGolfLaboエンジニアリングセミナ

記事を読む

ショートパットが入らない理由は??CAPTOで検証!!

今回は、絶対に入れたいけどなかなか入らない距離1.5mのパッティングがなぜ入らないのか

記事を読む

最先端パッティンググリーンPutt Viewが横浜に登場!!

みなさんこんにちはエンジョイゴルフの橋本です!! 今回は横浜の中華街のそばに新規オープンされた

記事を読む

打ち出しでなぜボールが跳ねる?!

パッティングの際に打った瞬間にボールが跳ね上がってしまうことはありま

記事を読む

ゴルフのアドレス -ダイナミックエイミング-

ダイナミックエイミングとは? ダイナミックエイミングとは、左足の圧の中心点と、右足の圧の中心点を結

記事を読む

パッティングの支点ってなに?

みなさんこんにちは エンジョイゴルフの橋本です! 話題のパッティング解析器『CAPTO』の解

記事を読む

利き足が分かるテストをやってみた!!

みなさんこんにちはエンジョイゴルフの橋本です‼ 今回は、全国でコースレッ

記事を読む

打ち出しでなぜボールが跳ねる?!

パッティングの際に打った瞬間にボールが

パターのグリップは弱く握るが正解!?

みなさんはパッティングの際、グリップをどのくらいの強さがで握っ

あなたの基本は間違っているかも!?知ってなきゃ損のパターの打ち方!その1

みなさんこんにちは!! エンジョイゴルフの橋本です

パターを真っ直ぐ動かすは難しい!?本当の理想のストロークとは?

みなさんこんにちは! エンジ

謹賀新年!!弾道測定器があなたのゴルフマネージメントを変える!?

皆さま明けましておめでとうございます!! 本年もよろしく

→もっと見る

PAGE TOP ↑