*

地面の力を可視化できる?スイングカタリストセミナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちはエンジョイゴルフの神谷です!

5月13日に石井忍さんが主宰するエースゴルフクラブ赤坂にて「Swing Catalyst(スイングカタリスト)」のセミナーを開催しました。当日は、全国から20名を超える参加者が集まりました。講師は、ERIC(エリック)。エリックは、スウェーデンでBalance Golfを主宰しており、スイングカタリストのアンバサダーも務めています。彼曰く「スイングカタリストを使用するようになってゴルフスイングに謙虚になった」といいます。彼自身もプレーヤーとしてツアーで戦っていましたが、「型にはめすぎておかしくなった」経験があったそうです。

自身の経験を活かした指導

その一つして、トップオブスイングのポジションで左手甲が背屈するように真っ直ぐにするべきとアドバイスを受けたことがあり、その動きを行うとうまくいかなかったといいます。エリックは、セミナー当日の参加者に対して「手のひらを握ったときに自分の手はどちらを向きますか?」と問いました。参加者をみると手の向きは人それぞれであることがわかりました。「力が入る手の向き」は人それぞれなのです。グリップのカタチもフォースの使い方によって最適な握り方があるといいます。

フォース解析が出来るスイングカタリストってなに?

SWING CATALYST(スイングカタリスト)とは、ノルウェー発の最新テクノロジーで、もともとはスキージャンプ用に開発されたマシンになります。今回のワークショップで使用したマシンは、第5世代のマシンで現在出ているモデルの中でも最高峰のものです。このスウィングカタリストは、プレッシャー解析を行うバランスプレートと3Dモーションプレートが一緒になっています。バランスプレートとは、いわゆるスイング中のバランス、プレッシャーの移動が解析できるプレートで、COPと呼ばれる足圧の中心のデータと、足裏全体のデータが可視化されます。それに加えて3Dモーションプレートというのは、横方向の力の強さ、回転トルクの力、縦方向に対しての力が可視化されます。

スイング中にチカラを作る3つのフォース

この3つのフォースのデータですが、Horizontal(ホリゾンタル)、Torque(トルク)、Vertical(バーティカル)と表示されます。ホリゾンタルというのは水平方向、つまりは横方向の力、トルクというのは回転の力、バーティカルというのは、縦方向、垂直方向の力になります。

スイングカタリストの上でスイングをするとこれらのデータを取得でき解析できます。エリックはこの3つの力を解析して、一番大きな力が出ているものを基準にしていくといいます。彼の信念は「ケガをさせない。効率のいいスイングを提案すること」といいます。

PGAの選手もフォースの使い方はさまざま

ホリゾンタルに代表される選手はジャスティンローズ、この力を大きく使う選手は、フェースローテンションを少なくしたいため、グリップはストロンググリップが最適といいます。また、トルクの力を大きく使う選手としてはマットクーチャーが代表例で、GGスイングもこのタイプになるといいます。このタイプの選手のグリップは、適度なフェースローテンションを使いたいためスクエアグリップが合うといいます。また、バーティカルの力を大きく使う選手に関しては、ウィークグリップが合うといい、バーティカルに代表される選手はジャスティントーマスやバッバワトソンがその代表例です。

このように3つの力をどのように使っているか、このことで最適なグリップが決まるとも言います。ということは、もしかしたら最適なシャフトもわかり、もしかしたら、最適なゴルフシューズも選べることができるようになるのではないでしょうか。スウィングカタリストがあれば、ゴルフスイングの改善はもちろん、最適なクラブ選び、最適な用具選びができるようになりそうです。

3つの力を効率よく、しかも最適な順番に使います。

ホリゾンタルからトルクが入り、バーティカルの順番になるといいます。

その力の強さによってスイングに特徴が出るのです。

見た目ではわからないダイナミックエイミング

「ダイナミックエイミング」

最後にダイナミックエイミングについて、ダイナミックエイミングとは、足裏のプレッシャーの入り方によってエイミングの向きが決まるということです。例えば、スタンスが目標方向に真っ直ぐだとしても、左足つま先と右足かかと側にプレッシャーが多く入っていればそれは「クローズスタンス」と同じことだということです。スタンスの向きというのは、見た目よりも、目には見えないプレッシャーの入り方が大事だということです。

まとめ

スイングカタリストのセミナーや、The Golf Labのセミナーなど、今後も随時開催していきますので、世界最先端のゴルフ情報を一緒に共有できればと思います!引き続きよろしくお願いいたします!!

関連記事

下半身から考えるスイング改善シリーズVol2

大好評 下半身から考えるスイング改善シリーズVol2.   今回のモデルはエー

記事を読む

週刊ダイヤモンド 田島創志プロのレッスンコーナー。

今週の週刊ダイヤモンド ”田島創志の100ヤード以内完全攻略” 田島プロ

記事を読む

ブッチハーモンの息子が語る、GC2 & HMT の活用について。(US ツアープロコーチ Claude Harmon Ⅲ)

ブッチハーモンの息子さん。 Claude Harmon 彼はUS PGA のツアープロコーチの

記事を読む

PGAShow2017オーランドその2 MySwingGolf

時間が空いてしまいました。 エンジョイゴルフの商品関連の仕事をしつつ、(GC2, GC4,Bo

記事を読む

HMTでのヘッド計測

ヘッド軌道が計測できる「HMT」とは?

ヘッド軌道計測システム「HMT」 以前の記事、「弾道解析機「GC2」はなぜ人気なのか?」な

記事を読む

EG&SJ セールススタッフ募集!

エンジョイゴルフ&スポーツジャパンでは、セールスタッフを募集します。 マキロイや石川遼も使用する最

記事を読む

ゴルフ スイング 初心者のうちにやっておきたいこと。アマとプロの土台の違い。

暑いですねー。。。   今週はマレーシアに戻ってきまして、 改めて、東京

記事を読む

プロも続々使用開始! 本革ゴルフグリップ「グリップマスター」

ツアープロも興味津々 本革グリップ「グリップマスター」。 実は、日本以外の国では販売

記事を読む

ヘッド軌道計測システム「HMT」で、新飛球法則、Dプレーンを知ろう

「HMT」でヘッド軌道を計測 前回の記事、「ヘッド軌道が計測できる「HMT」とは?」で、弾

記事を読む

パッティングの距離感を合わせる2つのポイント

距離感のポイントは、自分の”基準” パッティングの大きな悩みのひとつが、ロングパットの距離

記事を読む

ショートパットが入らない理由は??CAPTOで検証!!

今回は、絶対に入れたいけどなかなか入らない距離1.5mのパッテ

ついに発売!!サックスパレンテのヒミツ

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフの橋本です!

地面の力を可視化できる?スイングカタリストセミナー

こんにちはエンジョイゴルフの神谷です! 5月13日に石井

ツアープロパッティングデータ〜伊藤誠道プロ

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフの橋本です!

最新!高MOIパターアメリカから上陸‼︎ 「SACKS PARENTE」ってなに?

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフの橋本です!

→もっと見る

PAGE TOP ↑