*

弾道解析&ヘッド軌道解析の意義。GC4(Quadの真価)

公開日: : 製品紹介, GC4(Quad)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日はGCQuad(GC4) を使ったトーナメント会場でのクラブチェックのお話。先日のヤマハレディース2017 葛城GCにて。

 

久しぶりに原江里菜選手の現場でのサポートに。

 

練ランの後半は練習場で知り合いのプロ数名お話。

そして持って来ていたGC4 (GCQuad)のテストを兼ねてクラブのチェック。

この日は東浩子プロと、マンデー見事通過の亀田愛里、盲腸から復帰して調整中の古屋京子。

東プロにはレンジで特に長めのクラブのチェックをしました。

ここであるユーティリティの番手だけ明らかに球筋が異なることが発覚。東プロは安定した強いドローが持ち味で、どの番手もヘッドの軌道とフェースアングルの関係性がとても安定しています。

 

通常のアタックアングルフェス軌道の関係。

ヘッド軌道はインサイドアウト

弾はナチュラルなドロー

インパクト時のライ角もややトゥーアップ気味に入りいわゆる捕まえるセットアップになっています。

一方の問題のクラブはボールが右に出る程度が強く、ドローの程度がまちまち、すっぽ抜ける場合と戻りきらないケースが多くてターゲットから右に出ることが多いのです。

このクラブもヘッド軌道の情報はこちら。

見てわかる通りかなりトゥーサイドが下がった状態でのインパクトになっていることがわかります。

ボールも他の番手より右に出やすく戻りにくいことがわかります。

 

プロに確認するとなんとなく使いにくい感じ、なんとなくあってない感じ、ということですがやはりデータで見て見ないと、いくらプロもこれがスイングの問題なのか、クラブの問題なのか判断がなかなかできないということがわかります。

 

このデータを受けてすぐに他の番手と同じシャフトタイプに交換し、試合に臨むことができています。

 

こちらがその時のGDOさんの記事。

http://news.golfdigest.co.jp/news/tgt/jlpga/article/67919/1/?car=fromPhotoGal

 

こいいう余計なノイズを1つ1つ取り去っていくこともより選手のパフォーマンスを高めるために不可欠なんです。

 

まだまだこの手のデータにアレルギーが強いコーチが多いですが。。。

試合からの帰り道、アスファルトから何かの芽がムクッと地面を突き破って出て来ていました。

そうです。春です。

 

関わっている皆がブレークスルーしてくれることを願って、僕も頑張ります。

 

EnjoyGolf&SportsJapan
オフィシャルブログ www.enjoy-golf.jp/blog/
フォーカストレーニングブログ http://focusband.jp/blog/
最新カメラセンサーGC4(GCQuad) www.golftech.jp/gc4
弾道解析GC2&クラブ解析HMT www.golftech.jp
フォーカス(無心)トレーニング フォーカスバンド www.focusband.jp
3Dモーションキャプチャスイング解析 Myswing
ウェイトシフト解析機 ボディトラック www.boditraksports.jp
ウェイトシフト練習機 パワースタンス www.powerstance.jp
レザーグリップNO1 , グリップマスター  www.enjoy-golf.jp/gripmaster
スイングプレーントレーニング  www.PlaneSwing.jp

関連記事

ヘッド軌道計測システム「HMT」で、新飛球法則、Dプレーンを知ろう

「HMT」でヘッド軌道を計測 前回の記事、「ヘッド軌道が計測できる「HMT」とは?」で、弾

記事を読む

PGA Show 2015 の備忘録①

毎年フロリダ州 オーランドで開催されるPGA Show. ことしも行って参りました。 毎

記事を読む

弾道解析GC2のセッティング例

弾道解析GC2に関して、よくお問い合わせをいただく質問。    

記事を読む

グリップマスターとスーパーストロークの比較

ちょっと前の投稿ですが、パーゴルフ”空中戦 地上戦の科学”や、いろいろな雑誌で活躍される アンサー

記事を読む

PGAShow2017オーランドその2 MySwingGolf

時間が空いてしまいました。 エンジョイゴルフの商品関連の仕事をしつつ、(GC2, GC4,Bo

記事を読む

PEAK|ピーク!ゴルフのレベルを一段引き上げる世界最先端の情報とGC4(GCQuad)の解析

カナダに住むLiamから3/12日に連絡があり、 チャイナゴルフショーがある4/20前後その辺

記事を読む

HMTでのヘッド計測

ヘッド軌道が計測できる「HMT」とは?

ヘッド軌道計測システム「HMT」 以前の記事、「弾道解析機「GC2」はなぜ人気なのか?」な

記事を読む

弾道解析器 GC2は、なぜ人気なのか?

弾道解析器「GC2」 活躍中! 弾道解析器「GC2」の人気が、この1.2年で急上昇中。

記事を読む

2014年羊革モデル「グリップマスター(The Grip Master)」ツアーパターシリーズ入荷!

2014年モデル入荷! オーストラリア発の本革グリップ、「グリップマスター(The Gri

記事を読む

パッティングの距離感を合わせる2つのポイント

距離感のポイントは、自分の”基準” パッティングの大きな悩みのひとつが、ロングパットの距離

記事を読む

PAGE TOP ↑