*

PGAShow2017オーランドその2 MySwingGolf

公開日: : 最終更新日:2017/03/09 製品紹介, 新製品情報, MySwing, スイング解析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時間が空いてしまいました。

エンジョイゴルフの商品関連の仕事をしつつ、(GC2, GC4,BodiTrak,GripMaster, etc )

もう一つの顔は、パフォーマンスコーチとして、主にプロゴルファーのメンタルと、集中力を引き出し、いかに選手のパフォーマンスを高めていくか、ということばかりを考えている佐々木です。

IMG_6026

1月はオーランドの後、オーストラリアはゴールドコーストにて原江里菜プロたちの合同トレーニング合宿にお邪魔してきました。

ゴルフスイングって本当に深い。

IMG_6025

三次元の中でどうやってそのスイングを理解し、認識し、再現していくのか。とても感覚的な作業です。

ところが映像や雑誌で見るスイングは二次元。

その立体的な情報を理解することができるのはある種のセンスとか、運動神経とか、空間認識能力とか、そういうものが求められているわけなんです。

今回のPGAShowでは今後のレッスンの新しい可能性という観点で、今まで特に着手していなかった、スイング解析の領域のプロダクトを探していました。

フルミエルや、Mトレーサーに代表される、ジャイロセンサーの登場で、スイング(クラブの動き)が3次元で解析されるようになり、

今後はそれらクラブの動きの原因を生み出す、体の動きが3次元で捉えられるようになりました。かつ従来よりも安価に。

さらには、その動きがほぼリアルタイムで、アプリ上に書き出されるというものなので、

例えば、スイング中に膝の角度がどう変化しているか、腰の位置がどう左右前後に移動しているか、前傾角がテークバックで解けて、インパクトにどのように影響を与えているか、左腕と胸がつくる角度がどう変化しているか、などなどが数字、映像で自由自在に再現されるのです。

文字で言うよりも、これです。

 

いくつかソリューションがある中で、今回お話を進めたのは、そのソフトウェアの完成度の高さと、センサーの使い勝手でポイントが高かった、MySwingという技術です。

そしてこれがあると、バイオフィードバックと言いますが、正しいポジションに体が動かせた時に音がそれを教えてくれる、という機能もあります。これはセルフコーチングとも言えます。

コーチの感覚とか選手の感覚とか、それがとても大事ですが、しっかりと絵と数字で把握することも大切です。

当然スイング中のデータは膨大ですので、何をどうスイング改善に生かすのか、どのポイントが悪い働きをしてるのか。

 

これらのバイオメカニックスはゴルフコーチだけではなく、フィットネスの専門家のサポートを得ながら、

その選手にとっての最適解を探していく必要があります。

日本が遅れている、各専門家とのコラボレーションが必要になってきます。

 

IMG_5809    IMG_6806 IMG_6801

またマイスイングに関してはレポートします。

フォーカスバンドに関するトレーニングはこちらのブログで紹介していますので、ご興味ある方は是非。

http://focusband.jp/blog/

EnjoyGolf&SportsJapan
オフィシャルブログ www.enjoy-golf.jp/blog/
フォーカストレーニングブログ http://focusband.jp/blog/
最新カメラセンサーGC4(GCQuad) www.golftech.jp/gc4
弾道解析GC2&クラブ解析HMT www.golftech.jp
ウェイトシフト解析機 ボディトラック www.boditraksports.jp
フォーカス(無心)トレーニング フォーカスバンド www.focusband.jp
ウェイトシフト練習機 パワースタンス www.powerstance.jp
レザーグリップNO1 , グリップマスター  www.enjoy-golf.jp/gripmaster
スイングプレーントレーニング  www.PlaneSwing.jp

 

関連記事

gc2 indoor

インドアゴルフ、弾道シミュレーションも高機能! 弾道解析器「GC2」

インドアゴルフも「GC2」! 前回の記事で、弾道解析器「GC2」が練習場などの野外で、ツア

記事を読む

珍事?! バックスピン量よりサイドスピン量が多かった話

バックスピンよりサイドスピンが多い弾道とは? 先日、グリップマスターを取り扱ってい

記事を読む

スイングプレーンを可視化して、それをなぞれる練習器具

  ほとんどのアマチュアゴルファーにとって のどから手が出るほどほしいのが、

記事を読む

パワースタンスの持ち運びとご利用方法。使い方。

パワースタンス。 ウェイトシフト練習機 パワースタンス www.powerstance.jp

記事を読む

ドライバーの飛距離アップを実現する3つの要素とは?

飛距離を決定する3要素 ゴルファーなら誰でも「もっと飛ばしたい!」という願望があるはず。

記事を読む

ブッチハーモンの息子が語る、GC2 & HMT の活用について。(US ツアープロコーチ Claude Harmon Ⅲ)

ブッチハーモンの息子さん。 Claude Harmon 彼はUS PGA のツアープロコーチの

記事を読む

弾道解析&ヘッド軌道解析の意義。GC4(Quadの真価)

今日はGCQuad(GC4) を使ったトーナメント会場でのクラブチェックのお話。先日のヤマハレディー

記事を読む

週刊ダイヤモンド 田島創志プロのレッスンコーナー。

今週の週刊ダイヤモンド ”田島創志の100ヤード以内完全攻略” 田島プロ

記事を読む

アドレス時、スイング中のウェイト配分、重心移動を解析する。

  そのなも、ボディトラック。 バランスよいアドレス。 バランスよいフィニッ

記事を読む

レザーグリップ グリップマスター新色入荷のお知らせ。

大変ご好評いただいいる、グリップマスターですが、 もうちょっとおとなしいカラー、渋いカラーがな

記事を読む

PAGE TOP ↑