*

PGAShow2017オーランドその1(GC2後継機種、GC4について)

公開日: : 製品紹介, 新製品情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遠い旅から戻ってきました。
PGAShow 2017のレポートをちょこちょこ上げていきますね!

まずは今回のメインのターゲット、弾道計測器GC2の後継機種である、GameChangerQuad (GC4)について。

image

先のブログでも概要を紹介していますが、改めて実機を触って見た感じを。

全体が

いくつかまずは動画を。

●見やすい大型画面

 

こちらがヘッド情報。インパクト効率を表すスマッシュファクターヘッド軌道、フェース向き、ライ角、ロフト角などが表示されています。

image

 

こちらがボールに関するデーターですね。

スピン情報、飛距離、打ち出し方向etc

 

image image

 

●アライメントスティック
とても特徴的なのが、アライメントスティックです。専用にデザインんされたスティックをターゲット方向に向けると、本体とターゲットの方向のズレを自動認識してデータの補正を行ってくれるというものです。+-15度の左右のズレの範囲は本体の向きを変えることなくデータを得ることができます。

 

 

●認識エリアの拡大
次にやはりボールを認識するエリアが大きく広がっています。GC2対比6倍ということなので結構本体から近くても離れてもデータを得ることができます。

●キャプチャ範囲の拡大
また当然新しいカメラは広い範囲でボールデータ、クラブデータをキャプチャしますので取得したデータ量は20倍程度ということでした。
つまりより正確性がますということです。
もちろん短いアプローチや転がしにも反応します。

●ワンドット対応
これは従来のHMTの昨日でもあるのですが、ワンドット対応というのも良い機能です。
HMTでヘッド軌道やフェース面、ライロフト角を得るには4点のシールをフェス面にはる必要がありますが、いわゆるヘッドスピードとヘッド軌道を得るにはワンドット、つまりシールを一枚つけるだけでokという簡易モードです。

●パターストロークチェック
ワンドットを活用するとグリーン上でもストロークチェックが可能です。

デシャンボーがグリーン上で。

DeGCQuad

 

●バッテリー残量
GC2にはなかった昨日としては屋外使用時とても重宝するバッテリー残量の情報が一目で確認できます。

 

image

ということでGCQuad(GC4)なかなか強力なアイテムになりそうです。

 

もちろんアプリ連動、パソコン専用ソフト連動でシミュレータにもなりますよ。

======================
EnjoyGolf&SportsJapan
オフィシャルブログ www.enjoy-golf.jp/blog/
フォーカストレーニングブログ http://focusband.jp/blog/
最新カメラセンサーGC4(GCQuad) www.golftech.jp/GC4
弾道解析GC2&クラブ解析HMT www.golftech.jp
ウェイトシフト解析機 ボディトラック www.boditraksports.jp
フォーカス(無心)トレーニング フォーカスバンド www.focusband.jp
ウェイトシフト練習機 パワースタンス www.powerstance.jp
レザーグリップNO1 , グリップマスター  www.enjoy-golf.jp/gripmaster
スイングプレーントレーニング  www.PlaneSwing.jp

 

関連記事

BodiTrakバランスコーチング実践

こんにちわ。今日もBodiTrakに関して。 アジアで初めてのバランスコーチという肩書

記事を読む

ジワジワ来るマーケティング。2015 グリップマスターラインナップです。

  かなりご無沙汰してしまいましたが、おかげさまで、今年もエンジョイゴルフ、順調に滑

記事を読む

革グリップ復権! 雨でも平気なグリップマスター(The Grip Master)

姿を消した革巻きグリップ 現代のゴルファーにはあまり馴染みのない革のグリップ。 しかし、

記事を読む

スイングプレーンを可視化して、それをなぞれる練習器具

  ほとんどのアマチュアゴルファーにとって のどから手が出るほどほしいのが、

記事を読む

グリップマスター取り扱い工房様のアップデート。

http://enjoy-golf.jp/gripmaster/shop/  

記事を読む

レザーグリップ グリップマスター新色入荷のお知らせ。

大変ご好評いただいいる、グリップマスターですが、 もうちょっとおとなしいカラー、渋いカラーがな

記事を読む

パッティングの距離感を合わせる2つのポイント

距離感のポイントは、自分の”基準” パッティングの大きな悩みのひとつが、ロングパットの距離

記事を読む

OEMでも大活躍! 本革グリップ「グリップマスター」

【グリップマスターのはじまりはOEMから】 本革グリップ「グリップマスター(Grip Master

記事を読む

下半身から考えるスイング改善シリーズVol3 塚田好宣プロ(アイアン編)

  勝手に人気シリーズの第三弾。 下半身から考えるスイング改善シリーズ。

記事を読む

グリップマスターとスーパーストロークの比較

ちょっと前の投稿ですが、パーゴルフ”空中戦 地上戦の科学”や、いろいろな雑誌で活躍される アンサー

記事を読む

PAGE TOP ↑