*

下半身から考えるスイング改善シリーズVol2

公開日: : BodiTrak, パワースタンス, 重心移動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大好評 下半身から考えるスイング改善シリーズVol2.

 

今回のモデルはエースゴルフクラブのヘッドコーチ、崔プロです。

 

イケメンプロのスイングはやはりかっちょいいのです。

 

まずは、こちら、BodiTrakで撮影したCop(Center of Pressure ) の移動軌跡(左)と

 

それを左右、前後の動きに移動速度(cm/秒)という単位で分解したグラフ(右)

 

をみてみましょう。

 

おさらいですが、この右側のグラフの見方をもう一度説明しておきますね。

 

白いラインと、オレンジのラインのもつ意味を理解していただくとスイング解析がシンプルに、そして面白くなります。

CopVeloritychart

 

それではまずは動画からチェック!

動画でみても分かりにくい点を解析できるのがBodiTrakの面白いところです。

 

①まずはアドレス時のプレッシャーバランスからチェックです。

 

左下のグラフをみると

左右のバランスは 45:55 と非常に良いバランス。

以外とこのバランスでたつのって難しいです。左右の骨格、筋肉量、姿勢などなどありますので、

相当意識してトレーニングや日々気をつけていないとこのバランスは出にくいです。

目安としてはどちらかに45-55くらいの配分でのっているとあまり偏りのないバランスだといわれます。

それに対して、右足はつま先側に85:15 のバランスでかなりの前側のプレッシャーが高い。

これは意識的にテークバックで踵側にいかないように意識しているということでした。

 

saiaddress1

 

②切り返し(Transition)

 

そして切り返しです。切り返しはもちろん、Copが最も右サイドにシフトしているところ。

同時に右のグラフでは、白い線がマイナスからプラスに切り替わるポイントになります。

ここで、

左右のプレッシャーバランスは 22:78と多すぎず、少なすぎず、右にシフトができていることがわかります。

そしてその際の右足の前後のバランスは40:60です。

 

85:15 →40:60ですので、恐らくプレッシャーバランスの変化を感じ取って、アドレスを調整(意識)しているのだと思います。

アドレスで50:50で構えていると極端に踵側に言ってしまう可能性がありますね。

結果としてはとてもよい左右、前後のバランスで切り返しを迎えています。

崔さんの下半身の使い方はほんとうに奇麗だと思います。

saitransition2

 

 

③そしてインパクト

左右、前後バランスも問題なく。

そしてインパクト時点のCopの位置も左足側で前後にぶれのないポジションです。

 

唯一気になる点が右側のグラフです。

黄色で囲んだ点はインパクト時のCopの左右への移動速度ですが、

これが+45.4cm/秒 という数字を記録しています。

つまり左側にCopが流れながらインパクトを迎えている、ということで、

インパクト時も左サイドにスライドしている、という言い方もできます。

これはツアープロに伺ったはなしだと、パンチショットやラインを出すしょっとを意識すると

左側に体重を移しながら打つイメージになる、ということで、おそらくそういうイメージがショットに

刷りこまれているからかもしれません。

何れにしても、スイング効率やズレを少なくするいみでは、インパクト時点でしっかり左サイドにのり、

流れない、俗にいう左サイドの壁、という奴が大事になってきます。

これにより上体が走りヘッドが走り、効率的なインパクトが迎えられる、ということになります。

 

崔プロのミスショットは右にでてしまう、ということでしたので、恐らくこの動きが影響するのだと思われます。

saiimpact2

 

 

そういうスライド傾向の動き、または左に十分乗らずにインパクトを迎えるゴルファーにあっているのが、

ベースボールドリルです。

ベースボールドリルは左足かかとを浮かせてテークバック、しっかりに右サイドに乗ったうえで、今度は左足を着地、そこから左足が流れないように

スイングを行うイメージです。左にのせてからスイングするイメージがしっかりわかります。

 

④ベースボールドリルでのインパクト改善。

 

こちらが、ベースボールドリルごのCopの移動です。先ほど気になったポイントが解消されて、インパクト時点で

Copの左への移動速度がほぼゼロになってきたいのがわかります。

スクリーンショット 2015-08-24 13.37.21

 

以上、初心者の基礎作りとしてもとても大事なのはもちろん、

 

ツアープロのレベルでも普段築かない、ミスの原因や不調の原因を見つけ出す、レントゲンのようなBodiTrak、是非お見知りおきを!

 

次回はツアープロのあの人のスイングをみてみましょう!!!!

 

解析にをまとめたスライドはこちら。

 

 

エンジョイゴルフ!!!!

 

======================
EnjoyGolf&SportsJapan
オフィシャルFB www.facebook.com/EnjoyGolfSportsJapan
オフィシャルブログ www.enjoy-golf.jp/blog/

弾道解析GC2&クラブ解析HMT www.golftech.jp
ウェイトシフト解析機 ボディトラック www.boditraksports.jp
ウェイトシフト練習機 パワースタンス www.powerstance.jp
レザーグリップNO1 , グリップマスター www.enjoy-golf.jp/gripmaster
スイングプレーントレーニング www.PlaneSwing.jp

関連記事

BodiTrakによる重心移動測定デモ@KSアイランドゴルフアカデミー

  BodiTrakがおかげさまで本格的にうごきだしました。 ウェイトシフト解

記事を読む

Jason Day のウェイトシフト(重心移動)を科学する。

マスターズ。   初日にいけると踏んだんですけど残念だったJason Day

記事を読む

ゴルフ スイング 初心者のうちにやっておきたいこと。アマとプロの土台の違い。

暑いですねー。。。   今週はマレーシアに戻ってきまして、 改めて、東京

記事を読む

下半身トレーニングパワースタンス 販売開始時期とプロモーションビデオのお知らせ。

下半身に特化した練習器具、パワースタンス。 このたび、大変有り難いご縁をいただき、 素晴

記事を読む

Jason Day 全米プロを制した舞台裏側にいた、ある親子の存在とは。

  ちょっと遅くなりましたが、 Jason Day が全米プロを制し、待ちに待

記事を読む

Scott Hamilton によるBodiTrak使用解説。

  ただいま売れっ子のPGAツアープロコーチ、Scott Hamilton はBod

記事を読む

PowerStance / パワースタンス。正しくボールに力を伝えるウェイトシフトの練習器具。

Power Stance .jp   フィニッシュでキチンと立てていま

記事を読む

BodiTrakバランスコーチング実践

こんにちわ。今日もBodiTrakに関して。 アジアで初めてのバランスコーチという肩書

記事を読む

no image

BodiTrakを活用したプレッシャー解析が必要な9つのわけ。

9 Reasons You Should be Using Pressure-Measuring D

記事を読む

ゴルフスイングにおける体重配分の3つのポイント By 巨匠ジムマックレーン

カナダからとっておきの映像が届きました。     ht

記事を読む

PAGE TOP ↑