*

Jason Day のウェイトシフト(重心移動)を科学する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マスターズ。

 

初日にいけると踏んだんですけど残念だったJason Day .

 

ただその安定した強さの秘密はメンタルトレーニングにあるというのは前回も紹介しましたが、

 

これまた強さの秘密が、BodiTrak の体重移動センサーで解析されました。

www.boditraksports.jp

 

Jason Day と Hank Haneyがテーラーメイドのイベントで競演。

 

そのなかでJasonがBodiTrak でスイング解析を行うセッションがありました。

 

こちら。

041315 Adidas Golf

 

(こちらはFlightScopeとのインテグレーション画面)

FlightScope-BodiTrak-Data-1

 

大事なところを拡大しました!!!

 

JasonDayboditrak

 

 

まずぱっと見て、右下のアドレス時のウェイト配分。

 

左右の体重バランスが49:51 。

そして左足の前後バランスは 53:47 ととてもよいバランス。

右足の前後バランスがやや右足つま先側に偏っていることがわかります。

 

 

そして、今度は左側の重心移動の図。

 

①テークバックで中心から、右足の真ん中に、真横のラインで重心移動が見えます。

 

これはめちゃくちゃ美しい!!!!!!

 

②切り返しでやや前方に重心がシフトしていき、インパクトに向けて再び左足の真ん中方向にシフトしていきます。

 

これは典型的なドローヒッターに見られる重心移動です。

 

BodiTrak の開発者は、①の真横への動き、ラテラレルラインがもっともバランス&ボールへのパワーが伝わる

重心移動だと解いていますが、

切り返し後にもこの動きが再現されると最強かもしれません。。。。

つまり、まだまだJason Day は無限の伸びシロがあると。。。。

期待大です!!

 

それにしてもきれいな切り返しのラインです。。。。たまらん!!!

 

041315 Adidas Golf

EnjoyGolf&SportsJapan  http://enjoy-golf.jp/blog/
弾道解析GC2&クラブ解析HMT www.golftech.jp
ウェイトシフト解析機 ボディトラック www.boditraksports.jp
ウェイトシフト練習機 パワースタンス www.powerstance.jp
レザーグリップNO1 , グリップマスター  www.enjoy-golf.jp/gripmaster
スイングプレーントレーニング  www.PlaneSwing.jp

関連記事

no image

BodiTrakを活用したプレッシャー解析が必要な9つのわけ。

9 Reasons You Should be Using Pressure-Measuring D

記事を読む

ゴルフスイングにおける体重配分の3つのポイント By 巨匠ジムマックレーン

カナダからとっておきの映像が届きました。     ht

記事を読む

ゴルフ スイング 初心者のうちにやっておきたいこと。アマとプロの土台の違い。

暑いですねー。。。   今週はマレーシアに戻ってきまして、 改めて、東京

記事を読む

Jason Day 全米プロを制した舞台裏側にいた、ある親子の存在とは。

  ちょっと遅くなりましたが、 Jason Day が全米プロを制し、待ちに待

記事を読む

スイングプレーンを可視化して、それをなぞれる練習器具

  ほとんどのアマチュアゴルファーにとって のどから手が出るほどほしいのが、

記事を読む

PGA Tour 優勝者続出??新常識????BodiTrakセンサーによるPGA Tour Proの下半身重心移動解析。

最近のUSPGAでの優勝者の傾向、 ちょっと無理して傾向を述べさせていただければ、 Sc

記事を読む

下半身から考えるスイング改善シリーズVol2

大好評 下半身から考えるスイング改善シリーズVol2.   今回のモデルはエー

記事を読む

BodiTrakバランスコーチング実践

こんにちわ。今日もBodiTrakに関して。 アジアで初めてのバランスコーチという肩書

記事を読む

ゴルフの正しい下半身の使い方って一体なんなんだろう。

よくゴルフ雑誌や、ゴルフのレッスンで言われる、これらのことば。   ウェイトシ

記事を読む

グリップマスターとスーパーストロークの比較

ちょっと前の投稿ですが、パーゴルフ”空中戦 地上戦の科学”や、いろいろな雑誌で活躍される アンサー

記事を読む

PAGE TOP ↑