*

珍事?! バックスピン量よりサイドスピン量が多かった話

公開日: : 製品紹介, ゴルフTips

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バックスピンよりサイドスピンが多い弾道とは?

A氏弾道

先日、グリップマスターを取り扱っていただいているACTEK GOLFの遠藤さんが、Facebook上に面白い写真をあげられていました。
遠藤さんは、ご存知のように10数年続けられている超人気ゴルフ情報サイト、ANSERFREAKの管理人さんです。

さて、それが上記の写真ですが、なんと、バックスピン量の数値よりもサイドスピンの数値の方が多くなっています。

この数字は弾道解析器「GC2」のものです。「GC2」はスマートカメラシステムでリアルにスピン量を計測しています。この数字も正確なものですが、弾道計測に知識のある方なら、この写真の数値がかなり稀なできごとであることが理解いただけるのではないかと思います。

サイドスピンの正体

Facebook上でも、どういう弾道なのか興味をもった人が多かったようです。

どうなると、バックスピンよりサイドスピン量のほうが多くなるのか?
それを考えるには、そもそもバックスピンとは、サイドスピンとは何かを考えることが大事です。

スピンアクシス

そもそもサイドスピンはない、と言うと驚かれるゴルファーもいるのではないでしょうか?

バックスピンは、地面に対して水平な軸で回転します。この時の軸をスピンアクシス(スピン軸)といいます。スピンアクシスが0度の水平であれば、理論上、サイドスピン量はゼロになります。

このスピンアクシスが傾くと、左右どちらかへの曲がりを生む回転が生じます。その回転をサイドスピンとして計測しているのです。上記の写真だと、スピンアクシスは3.9度傾き、その結果、ドロー回転が生じています。

Dプレーンの考え方

スピンアクシスは、以前の記事、「ヘッド軌道計測システム「HMT」で、新飛球法則、Dプレーンを知ろう」で紹介した、新飛球法則、Dプレーンの考え方に基づいています。

ちょっと専門的な話になりますが、フェース面の向きとヘッドの入射角が形づくるDプレーンに対して、スピンアクシスは垂直になります。

一番上の写真の、バックスピンよりもサイドスピンが多くなった弾道もこの考え方で説明がつきます。フェースが極端にかぶったことで、本来、水平に近くなければならないスピン軸が、垂直に近いほど傾いたことで、バックスピンを超えるサイドスピン量になったというわけです。

ちなみに、この弾道はひどいチーピンだったとのこと。
恐らく打点もかなり先よりだったのではないかと推測されます。

「GC2」に、ヘッド軌道測定器「HMT」をつなげると、ヘッドの入射角やフェースの向きといったDプレーンで活用される要素はもちろん、スピン軸の傾きの測定も行えます。

こうした計測器を用いて、フェース面の向きやスイングプレーンに課題を見つけるのが、最新のティーチング理論です。上の写真のゴルファーであれば、スピン軸をより水平に保つための取り組みが必要になるでしょう。

関連記事

レザーグリップ グリップマスター(パター用)のお手入れについて。

  グリップマスターのパターグリップ現行ラインは、すべて、カブレタ(羊革)を採用して

記事を読む

ブッチハーモンの息子が語る、GC2 & HMT の活用について。(US ツアープロコーチ Claude Harmon Ⅲ)

ブッチハーモンの息子さん。 Claude Harmon 彼はUS PGA のツアープロコーチの

記事を読む

あなたのパッティングを丸裸にCAPTO取り扱い開始!!

アマチュアゴルファーがパッティング解析器CAPTO初体験!! みなさんこんにちは 今回は、エ

記事を読む

HMTでのヘッド計測

ヘッド軌道が計測できる「HMT」とは?

ヘッド軌道計測システム「HMT」 以前の記事、「弾道解析機「GC2」はなぜ人気なのか?」な

記事を読む

伝説の選手たちが使ってきたアイアン

こんにちは😊 突然ですが皆さんはアイアンといえば、どんなメーカーを思い浮かびま

記事を読む

BodiTrakによる重心移動測定デモ@KSアイランドゴルフアカデミー

  BodiTrakがおかげさまで本格的にうごきだしました。 ウェイトシフト解

記事を読む

女子プロ ドライバー

ロフト選びからわかるプロゴルファー男女の違い

男子プロはロフト多め、女子プロが少なめの傾向 日本のプロゴルファーが使用するドライ

記事を読む

4月のテクノロジーワークショップの予定決定(札幌、名古屋、東京)

4月のワークショップの予定です。なんとか年内50回やりたい。 エンジョイゴルフテクノロジーワー

記事を読む

グリップマスターとスーパーストロークの比較

ちょっと前の投稿ですが、パーゴルフ”空中戦 地上戦の科学”や、いろいろな雑誌で活躍される アンサー

記事を読む

パッティングの距離感を合わせる2つのポイント

距離感のポイントは、自分の”基準” パッティングの大きな悩みのひとつが、ロングパットの距離

記事を読む

ついに発売!!サックスパレンテのヒミツ

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフの橋本です!

地面の力を可視化できる?スイングカタリストセミナー

こんにちはエンジョイゴルフの神谷です! 5月13日に石井

ツアープロパッティングデータ〜伊藤誠道プロ

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフの橋本です!

最新!高MOIパターアメリカから上陸‼︎ 「SACKS PARENTE」ってなに?

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフの橋本です!

飛ばすため秘訣はお尻のストレッチ!?

みなさんこんにちは! 2月中盤にもなりゴルフシーズンまであと少し

→もっと見る

PAGE TOP ↑