*

ロフト選びからわかるプロゴルファー男女の違い

公開日: : 最終更新日:2014/01/28 製品紹介, ゴルフTips

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男子プロはロフト多め、女子プロが少なめの傾向

2014012601

日本のプロゴルファーが使用するドライバーのロフト角を調査してみると、意外にも男子プロが10度から10.5度が多く、女子プロが9度前後が多いことに気づきます。

本来、ロフト角はパワーやヘッドスピードの少ないゴルファーほど多めにするというのが定説。かつてジャンボ尾崎プロはロフト角7度のメタルドライバーを使用し、タイガー・ウッズはロフト6.5度の975Dチタンで多くのメジャーに勝利しました。

しかし、最近のプロゴルファーにはこれが当てはまりません。件の二人も現在は10度前後のロフト角のドライバーを使用しています。なぜでしょうか?
今回は、その問いを考えつつ、これが我々アマチュアゴルファーにも当てはまるのかを考えてみましょう。

女子選手が低ロフトを選ぶ理由

女子プロ ドライバー

女子プロの使用するドライバーの例。ロフト角は8.5度

大きな飛距離を出すには、ボール初速の速さに加え、打ち出し角とスピン量のバランスが必要です。

力がないゴルファーがロフト角の大きいドライバーを使用するほうが良いと言われているのは、ヘッドスピードが遅いと打ち出し角とバックスピン量が不足するためです。ロフト角を増やすことで、打ち出し角は高くなり、スピン量は多くなります。結果、力のない人が効率よく飛距離を出すことが出来ます。

では、なぜ明らかに力がない女子プロのほうが、ロフトの少ないドライバーを好むのでしょう?
ポイントは以下の2つです。

  1. アッパーブローで捉える傾向
  2. 曲がり幅が小さい

アッパーブローで捉える傾向

女子プロは、男子に比べ、よりアッパーブローでボールを捉える傾向があります。スイングで打ち出し角を確保するので、ロフト角は少なめでもOKになります。ロフト少なめヘッドをアッパーで打つと、高弾道低スピンのカッ飛び弾道になりやすくなります。

曲がり幅が小さい

ヘッドスピードが遅く飛ばないということは、逆にいえば曲がり幅も少ないということ。その分、曲がりのリスクを小さく見積もることが出来るとも言えます。プロはミート率が高いのでなおさらです。

となると、少ないロフト角の方が飛距離が出る可能性は高いので、少ないロフト角を選ぶ傾向が強くなります。アッパーブローの度合いが強いプロは男子でもほとんどいないロフト角8度を使う選手もいます。

飛距離をとるか、再現性をとるか

男子プロ ドライバー

男子プロの使用するドライバーの例。ロフト角は10度と一般アマと変わらない

これは球質の違いと考え方の違いが大きく関係しています。
男子に比べ、曲りのリスクが少ない女子プロだからこそ、できるスイングとクラブ選択と言えます。

男子プロは、リスクを回避し再現性を重視するので、スウィングはレベルブローに。その分、ロフト角は多めになります。また男子プロの技量であれば、スピン量を減らす打ち方もできるので、コントロールしやすいものを選択してるとも言えます。

このように、プロのレベルであっても最大飛距離と安定性は両立しません。自分の最大飛距離を追及するのか? それとも曲りを抑え、安定した飛距離を追及するのか? 
その兼ね合いをゴルファーは考えて、クラブを選んだり、スイング作りをしなければならないわけです。

アマチュアゴルファーが自分の最適弾道を得るのは、まず自分の弾道の性質を知ることが先決。弾道解析器「GC2」の設置店で、自分の飛ばしの三要素、「ボール初速」「打ち出し角」「スピン量」を測定してみてください。

関連記事

パッティングに関するテクノロジーと練習器具。

エンジョイゴルフブログ、ご無沙汰投稿です。 もっともっとこまめにやりたいのですが、つい、お手軽

記事を読む

ショット用も「グリップマスター(The Grip Master)」の本革グリップ!

ショット用本革グリップ続々! これまでの記事で、パター用を主に紹介してきた本革グリップ「グ

記事を読む

下半身から考えるスイング改善シリーズ Vol4 薗田峻輔プロドライバー編

【下半身から考えるスイング改善シリーズ】 続いてます。はやくもVol4 です。 &nbs

記事を読む

弾道解析GC2 とヘッド解析カメラHMTでできること

雑誌でもおなじみ弾道解析GC2ですが、 そのオプションカメラとして昨年登場したHMTの評価がか

記事を読む

アドレス時、スイング中のウェイト配分、重心移動を解析する。

  そのなも、ボディトラック。 バランスよいアドレス。 バランスよいフィニッ

記事を読む

PGA Tour 優勝者続出??新常識????BodiTrakセンサーによるPGA Tour Proの下半身重心移動解析。

最近のUSPGAでの優勝者の傾向、 ちょっと無理して傾向を述べさせていただければ、 Sc

記事を読む

最新ゴルフテクノロジー紹介 from USA

ジャンル:スイング解析センサー 名称:スイングバイト SwingByte URL :https:

記事を読む

PGAShow2017オーランドその1(GC2後継機種、GC4について)

遠い旅から戻ってきました。 PGAShow 2017のレポートをちょこちょこ上げていきますね!

記事を読む

ドライバーの飛距離アップを実現する3つの要素とは?

飛距離を決定する3要素 ゴルファーなら誰でも「もっと飛ばしたい!」という願望があるはず。

記事を読む

プロも続々使用開始! 本革ゴルフグリップ「グリップマスター」

ツアープロも興味津々 本革グリップ「グリップマスター」。 実は、日本以外の国では販売

記事を読む

ゴルフスイングでチカラを生み出す方法とは??

こんにちは!バランスコーチこと神谷です! バランスコーチ

ショートパットが入らない理由は??CAPTOで検証!!

今回は、絶対に入れたいけどなかなか入らない距離1.5mのパッテ

ついに発売!!サックスパレンテのヒミツ

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフの橋本です!

地面の力を可視化できる?スイングカタリストセミナー

こんにちはエンジョイゴルフの神谷です! 5月13日に石井

ツアープロパッティングデータ〜伊藤誠道プロ

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフの橋本です!

→もっと見る

PAGE TOP ↑