*

パッティングの距離感を合わせる2つのポイント

公開日: : 最終更新日:2014/01/23 製品紹介, ゴルフTips, グリップマスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

距離感のポイントは、自分の”基準”

パッティングの距離感

パッティングの大きな悩みのひとつが、ロングパットの距離感。

距離感を出すには経験もとても重要ですが、長くゴルフを楽しんでいるゴルファーでも距離感が苦手な方は少な狩りません。その原因は、自分の中に“基準”がないからです。

“基準”とは、簡単に言ってしまえば、「自分の好きな距離」です。

どんな距離でも適当に打てば大体同じところにボールが集まる。
それが“基準”となり、そこからどれくらい遠いのか、もしくは近いのかで、大体の距離感を出すことができます。その日のグリーンの状況によってもその基準に微調整して、距離感をあわせていきます。

距離をうまく合わせられないゴルファーは、”基準”がないためにその調整に毎回悩むので、結果にもいい時と悪い時での誤差が大きくなります。

 

スムーズなストロークで距離感向上

グリップマスター

もう一つ距離感を出すのに重要な要素があります。

それは、いかにスムーズにヘッドを動かすかということ。
これは、インパクトで強さを調整するいわゆる“タップ式”で打つ人もヘッドのふり幅で強さを調整する“ストローク式”の人にも言えることで、自分の思い通りにヘッドを動かせるかどうかが、距離感を出していくカギになるのです。

自覚症状のない方が多いのですが、距離感のあわない方は大抵パターヘッドの動きがマチマチであることが多いのです。

スムーズなパッティングストロークを行なうには、グリップを握る強さがとても大切です。どんな打ち方にしても強く握ってしまうと、手首の動きが制限され、ヘッドをスムーズに動かすことができなくなります。

これでは、毎回インパクトの強さが変わってしまう可能性が高くなり、せっかく感覚として距離感のイメージが出ていても、ヘッドが思い通りに動かず、大オーバーやショートといったことになってしまうのです。

握る強さは、緊張すると無意識に強くなってしまうものです。頭で解っていても気づいたら、ギュッと握っていたなんてことは、プロでも起こりうることです。

 

やわらかグリップでストローク感が向上

グリップマスター 縫い目

スムーズなパッティングストロークは練習を積み重ねて身に付けるしかありませんが、即効性のある対処法もあります。それは柔らかめのグリップを使用することです。

手は繊細な感覚を持っています。柔らかめのグリップを使用することで、強く握っていることを認識しやすくしてやれば、自然と緩やかに握るようにできます。

グリップマスター(The Grip Master)」のパターグリップは、柔らかでありながら、しっとりとした感触で密着感が大きいため、緊張した場面でも自然と緩やかに握りやすくなります。天然の革素材が、滑らかに手に吸いつくので、よりソフトに握りやすいのが特徴です。本革のクセになる感触が楽しめます。

距離感で悩むなら、グリップを変えてみるのもひとつの方法です。
本革のパターグリップの「グリップマスター」は、自分の中に眠っている感覚が活かせるグリップです。

関連記事

ショット用も「グリップマスター(The Grip Master)」の本革グリップ!

ショット用本革グリップ続々! これまでの記事で、パター用を主に紹介してきた本革グリップ「グ

記事を読む

OEMでも大活躍! 本革グリップ「グリップマスター」

【グリップマスターのはじまりはOEMから】 本革グリップ「グリップマスター(Grip Master

記事を読む

PGAShow2017オーランドその2 MySwingGolf

時間が空いてしまいました。 エンジョイゴルフの商品関連の仕事をしつつ、(GC2, GC4,Bo

記事を読む

ゴルフの祭典PGASHOW・2日目〜最終日

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフ橋本です 今回もフロリダ州オーランドで開催されたPGA

記事を読む

ドライバーの飛距離アップを実現する3つの要素とは?

飛距離を決定する3要素 ゴルファーなら誰でも「もっと飛ばしたい!」という願望があるはず。

記事を読む

下半身練習器具 パワースタンス with 石井忍

なにかと話題のパワースタンスですが、初回入荷分がようやく東京港に着貨したようです。 ウェイトシ

記事を読む

レザーグリップ グリップマスター新色入荷のお知らせ。

大変ご好評いただいいる、グリップマスターですが、 もうちょっとおとなしいカラー、渋いカラーがな

記事を読む

下半身ゴルフ練習器具 パワースタンス。植村啓太プロによる解説。

パワースタンス with 植村啓太 上半身は下半身の動きができてこそ生きてくる。 そ

記事を読む

改めて、本革パターグリップ「グリップマスター」ラインナップを紹介

しっとりとした質感が魅力 本革グリップ「グリップマスター(Grip Master)」には、3種類の

記事を読む

下半身トレーニングパワースタンス 販売開始時期とプロモーションビデオのお知らせ。

下半身に特化した練習器具、パワースタンス。 このたび、大変有り難いご縁をいただき、 素晴

記事を読む

スイングカタリスト・ゴルフスイングも利き足が重要

こんにちは、バランスコーチこと神谷です! いよいよTheGolf

スイートスポットを外した際の当たり負けってなに?

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフの橋本です!

ゴルフスイングでチカラを生み出す方法とは??

こんにちは!バランスコーチこと神谷です! バランスコーチ

ショートパットが入らない理由は??CAPTOで検証!!

今回は、絶対に入れたいけどなかなか入らない距離1.5mのパッテ

ついに発売!!サックスパレンテのヒミツ

みなさんこんにちは! エンジョイゴルフの橋本です!

→もっと見る

PAGE TOP ↑