*

パッティングの距離感を合わせる2つのポイント

公開日: : 最終更新日:2014/01/23 製品紹介, ゴルフTips, グリップマスター

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

距離感のポイントは、自分の”基準”

パッティングの距離感

パッティングの大きな悩みのひとつが、ロングパットの距離感。

距離感を出すには経験もとても重要ですが、長くゴルフを楽しんでいるゴルファーでも距離感が苦手な方は少な狩りません。その原因は、自分の中に“基準”がないからです。

“基準”とは、簡単に言ってしまえば、「自分の好きな距離」です。

どんな距離でも適当に打てば大体同じところにボールが集まる。
それが“基準”となり、そこからどれくらい遠いのか、もしくは近いのかで、大体の距離感を出すことができます。その日のグリーンの状況によってもその基準に微調整して、距離感をあわせていきます。

距離をうまく合わせられないゴルファーは、”基準”がないためにその調整に毎回悩むので、結果にもいい時と悪い時での誤差が大きくなります。

 

スムーズなストロークで距離感向上

グリップマスター

もう一つ距離感を出すのに重要な要素があります。

それは、いかにスムーズにヘッドを動かすかということ。
これは、インパクトで強さを調整するいわゆる“タップ式”で打つ人もヘッドのふり幅で強さを調整する“ストローク式”の人にも言えることで、自分の思い通りにヘッドを動かせるかどうかが、距離感を出していくカギになるのです。

自覚症状のない方が多いのですが、距離感のあわない方は大抵パターヘッドの動きがマチマチであることが多いのです。

スムーズなパッティングストロークを行なうには、グリップを握る強さがとても大切です。どんな打ち方にしても強く握ってしまうと、手首の動きが制限され、ヘッドをスムーズに動かすことができなくなります。

これでは、毎回インパクトの強さが変わってしまう可能性が高くなり、せっかく感覚として距離感のイメージが出ていても、ヘッドが思い通りに動かず、大オーバーやショートといったことになってしまうのです。

握る強さは、緊張すると無意識に強くなってしまうものです。頭で解っていても気づいたら、ギュッと握っていたなんてことは、プロでも起こりうることです。

 

やわらかグリップでストローク感が向上

グリップマスター 縫い目

スムーズなパッティングストロークは練習を積み重ねて身に付けるしかありませんが、即効性のある対処法もあります。それは柔らかめのグリップを使用することです。

手は繊細な感覚を持っています。柔らかめのグリップを使用することで、強く握っていることを認識しやすくしてやれば、自然と緩やかに握るようにできます。

グリップマスター(The Grip Master)」のパターグリップは、柔らかでありながら、しっとりとした感触で密着感が大きいため、緊張した場面でも自然と緩やかに握りやすくなります。天然の革素材が、滑らかに手に吸いつくので、よりソフトに握りやすいのが特徴です。本革のクセになる感触が楽しめます。

距離感で悩むなら、グリップを変えてみるのもひとつの方法です。
本革のパターグリップの「グリップマスター」は、自分の中に眠っている感覚が活かせるグリップです。

関連記事

プロがパターグリップにこだわる、ただひとつの理由とは!?

パターグリップは、感性や感覚が重要 身体とクラブをつなぐ唯一の接点がグリップ。ドライバーや

記事を読む

弾道解析カメラGC2を活用した、最適スピン量の考察(by エースゴルフクラブ 石井忍プロとのチャットから。)

ある日の、忍プロとのチャット。   僕:しのぶさん、そういえば、以前エ

記事を読む

最近の弾道解析GC2 & HMT の導入事例です!!!

  ちょっと更新がおくれておりますが 弾道解析GC2 & クラブ解析HMT ど

記事を読む

BodiTrakによる重心移動測定デモ@KSアイランドゴルフアカデミー

  BodiTrakがおかげさまで本格的にうごきだしました。 ウェイトシフト解

記事を読む

2014年羊革モデル「グリップマスター(The Grip Master)」ツアーパターシリーズ入荷!

2014年モデル入荷! オーストラリア発の本革グリップ、「グリップマスター(The Gri

記事を読む

アイデア募集:グリップマスターの市場でのしかけについて

グリップマスターの今後のマーケティングについて。 正直毎日うんうんうなりながら、打ち手

記事を読む

週刊ダイヤモンド 田島創志プロのレッスンコーナー。

今週の週刊ダイヤモンド ”田島創志の100ヤード以内完全攻略” 田島プロ

記事を読む

レーザーグリップって、雨にぬれたらだめでしょ???

最近たくさんの工房のかたとお話する機会が有るのですが、 グリップマスターの話題でかならず聞かれ

記事を読む

プロも続々使用開始! 本革ゴルフグリップ「グリップマスター」

ツアープロも興味津々 本革グリップ「グリップマスター」。 実は、日本以外の国では販売

記事を読む

本格派の天然皮革グリップブランド「グリップマスター」サイトがオープン!

Grip Master 始動! エンジョイゴルフのサイトに、新しいブランド「グリップマスタ

記事を読む

PAGE TOP ↑